2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

心のケア

2017年4月 1日 (土)

那須雪崩と心のケア(3)なぜ心のサポートチームが必要か

那須雪崩により被災した方・関係者の心のケアについて、碓井先生が、よい記事を書いてくれています。そのなかで、補足したい箇所があります。
 
心のケアというと、すぐに精神科医とか心理カウンセラーと言われることがありますが、緊急時には違います。
 これはまったく、そのとおりですが、だからといって心のケアの専門家は急性期は必要ないのではありません。
 
 まったくそのとおりとは、保護者や教職員など身近な信頼できる人こそ、癒やす力があるからです。災害事件事故から1週間は、クラスメイトは、亡くなった方の葬儀への参列、安全・安心な生活をとりもどす。そして、雪崩から救出された方が「記憶が飛んでいる」と報道されているように、心をマヒさせて、受けいれがたい出来事を受けとめようとしていると思われます。しかし、身近な人も、マヒや再体験(こわい夢をみる、蘇って日常生活がとまる)といったトラウマ反応を示す家族にどうかかわっていいかわからなくなっていくのです。
 
 この時期必要なことは、臨床心理士資格などをもった教師やスクールカウンセラーや医師らによる「心のケアチーム」を作り、以下の「心のケアプログラム」を策定して、学校関係者に提案することです。ですから、急性期に、心のケアの専門家は必要なんです。
 
 1.身近な人がどうかかわることが回復をうながし、ストレス障害のリスクを減じるかの知識と方法を伝える。メッセージやリーフレットも、時期に応じて、発信していく必要があります。急性期には活字が目にはいらないので簡潔なものが求められます。
 
 2.被災した当事者やクラスメイトは、どう自分をケアをしていいかわからなくなります。ですから、少しずつ、心身反応の意味と対応を知る必要があるのです。それには、セルフケアのためのチェックリストが有効です。でも、これは、「はい明日やりましょう」、といったことは学校ではできないのです。いつ、どんなチェックリストを実施するのか、事前に、計画を立てて、専門家間で共通理解をはかっておかなければなりません。トラウマ反応には、22項目のIES-r(Weiss&Marmar,1997)が有名ですが、それは急性期に使うことはのぞましくないと今は考えられています。
 ストレスチェックリストも、セルフケアの知識やストレスマネジメント体験をセットに1時間のコマを使うことが必要です。しかし、進学校になればなるほど、心のケアのために1時間授業を使うことがむつかしくなるのです。
 
 3.学校が再開されると、生徒たちは日常をがんばりますから、ねむれていなくても、悪夢をみていても、がまんしてがんばりつづけることがあります。それを身近な人がみて、安心してしまうのです。眠れていない、悪夢をみている、そういった反応をがまんして、身近な人にも見えにくくなるのです。
 
 4.ストレス障害のリスク要因として、出来事前の経験、出来事そのもの、出来事からの経過の3つのフェーズにわけることができます。多くの人はトラウマ反応を減衰させる自己回復力をもっています。経過におけるリスク因は、強い回避と自責感です。でも、それはみようとしなければみえないのです。そして、数ヶ月が経過したころに、学校に行けなくなる、成績ががくんと落ちる、イライラしてそれまでキレなかった子がキレる、そういったことが起こることがあるのです。
 
ですから、セルフケアの力を高めるため<心のケアチーム>が必要なんです。
 

2017年3月30日 (木)

那須雪崩と心のケア(2)心のサポートチームの結成を!

NHKニュースによると、高校で全校集会が開かれ
また、スクールカウンセラーの男性が
▽事故のことを考えすぎないようにすることや
▽ストレスや不安を感じたらすぐに担任の教員に相談することなどを
呼びかけたということです。
(NHK2017・2・29 12:03)
 
と報道されています。記者さんが直接集会に立ち会ったのではなく、参加した生徒さんらからの取材での記事ですから、このメッセージが実際どうであったかはわかりません。
もし、私がこの立場であったら、なんとメッセージを送るか考えてみました。
 
□ねむれない、ずっと考えてしまう、心が(マヒして)何も感じられない、など心とからだにさまざまな変化があらわれます。それは、この出来事を心とからだが懸命に受けとめようとしている証であり、だれにでも起こる反応です。
 
□この出来事に向き合うときと、日常の生活(勉強・部活など)を送ることを、きりわけていきます。
 
向き合うこととして、
・突然、亡くなった友に、今まで出会って感じてきたこと思ったことのメッセージを手向けるのもいいでしょう。(ことばにするには、時が必要な人もいるかもしれません)。
 
わが子を亡くしたお父様が、お子さんの携帯のLINEにたくさんの書き込みがされているのをみて、「あーこんなにたくさんの友だちがいたんだ・・・」と涙ぐんでおられたのが放映されていました。ご家族が知らなかった子どもさんのこと、たくさん伝えてあげてください。
 
日常生活をしっかり送るために、
・水分をとる、糖分をとる、食欲がなくても、からだに栄養を送ってあげてください。ねむれなくても、よこになってからだを休めてあげてください。少しずつ、日常生活を取り戻していきます。
 
ストレス障害のリスク要因は、強い回避と自責感です。
「考えないようにしよう」と努力しても、考えてしまう出来事なのです。もし、夜眠ろうとしたとき、いろんなことが頭に浮かんで考えてしまうことがあれば、「『考えないようにしよう』ではなく、『そのことはとても大切なこと、しっかり考えよう。でも、今は、からだを休めて眠りにつこう』、額に力をいれてふわーっとぬこう」と。
 
また、ある報道では、4時間後に救出された生徒さんもおられたようです。まずは体の治療でしょうが、これは過酷なトラウマ体験です。マヒして思い出せないかもしれません。そして、悪夢やなにかのきっかけ(トリガー)で、その体験がありありと思いだされて苦しくなることがあります。でも、そのときは、やっと、あの記憶を受けとめる心の準備ができてきたんだ、それは回復の道のりなのだ、と思うのもいいでしょう。経験したことを思いだして、いずれ、書き綴ることは、雪崩に巻き込まれたときどうすればいいかを学ぶ大切な手がかりになるでしょう。しかし、それは、とても苦しく長い道のりかもしれません。立ち会う人の応援が必要になります。
 
大切なお子さまを亡くされたご家族、そして、友だち・教職員、全ての方に、強い悲嘆反応とトラウマ反応がみられるでしょう。
 
 
県教委は、原因究明と再発防止のための第三者検証委員会を設置すると報道されています。
 
県教育委員会は29日、原因究明と再発防止のための第三者検証委員会を設置することを明らかにした。学識経験者ら約15人で構成し、4月上旬にも第1回会合を開く。(日本経済新聞、2017年3月30日0:30)
 
ラッセル訓練を指揮した教師の会見が報道されています。
 
登山を中止しながら、雪をかき分けて進む「ラッセル」訓練を実施した責任を問われると「委員長は私」としつつ、ベテラン教諭2人と電話で相談して決めたことを強調。数年前にも同じ場所でラッセル訓練をしたことがあったといい「とにかく生徒たちに雪に触れさせたかった」と話した。(産経ニュース、2017年3月30日 0:13発)
 
 当事者が、時系列で、行動・考えをあきらかにすること、その作業はつらく苦しいでしょう。二度とこのような悲しいことが起きないようにするための大切な情報になります。ですから、第三者検証委員会の設置は必要でしょう。
 
 そして、もう一つ必要なことがあります。それは、<心のサポートチーム(心のケアチーム)>の設置です。教育関係者(臨床心理士資格などをもった指導主事)、スクールカウンセラー、精神科医などでチームを作る必要があります。学校で生徒や保護者にどのようなメッセージを送り、どのように心のケアをしていくのか、チームをつくり、今考えられるベストのサポートプログラムを作り、支援していきます。
 
スクールカウンセラー派遣がニュースで流れています。
 
4校にスクールカウンセラー派遣(毎日新聞
スクールカウンセラーが応援・支援するにしても、必ず、チームを結成しておく必要があります。それも、長期的に支援するチームです。

2017年3月28日 (火)

那須雪崩と心のケア

7名の高校生と1名の教員が亡くなり、40名がけがをしていると報道されています。今後、当事者・関係者のストレス関連障害が危惧されます。

この時期には、心のケアの専門家による個別のカウンセリングではなく、家族や身近な人によるサポートこそ必要です。しかし、治療を受けている医療機関では、体の医療支援とともに、心のケア支援も必要でしょう。この時期に大切なことは、長期支援を視野にいれた心のケアの支援体制を整えることです。

 しばらくは睡眠・食欲・体調といった日常の健康観察をベースにサポートしてほしいです。そしてトラウマ・ストレスについて学ぶ機会を3週間(この時期の特定は現場での支援を続けている専門家とも協議して)後には設けてほしいです。ストレス障害のリスク要因は強い回避と自責感です。時が経つにつれ、そのことにはふれたくない、思いだしたくないといった反応が強くなることがあります。それが回避ですが、この回避は当事者だけでなく、関係者にも起こります。ですから、このことに関連すること全てを避けたくなり、心のケアの企画もやりたくないといった動きが起こることがあります。

しかし、思いだしてつらくなった(再体験)ときどうしたらいいか、怖い夢をみた(再体験)ときどうしたらいいか、それらを学んでおくことが必要です。再体験とマヒが対の反応で、再体験が起こるきっかけ(トリガー)にふれないように避けるのが回避です。回避は反応であるとともに対処です。急性期の回避は必要ですが、少しずつ向き合う対処をとりいれていく方が、ストレス障害のリスクを減じます。そして、亡くなった人を心のなかに生かしていく喪の作業をすすめていくことが必要です。

今必要なことは、教育関係者・臨床心理士・医師らで、長期サポートチームを作ることです。そのチームが長期的な支援計画を立て、サポートしていきます。また、地元の医療機関に、トラウマフォーカスト認知行動療法などが実践できるストレス関連障害の治療の専門家を配置することも必要です。

一方で、安全教育の一環として行われていた中で起きた事故(ご遺族は事故ではなく事件といわれるかもしれません)です。雪崩といった自然現象をどのように学んでいたのか、教師の提案に生徒が意見をいえる体制ができていたのか、この悲しい出来事を二度と繰り返さない体制づくりを構築する必要があります。

2017年2月16日 (木)

自殺予防のために必要なのは、道徳教育ではなく、健康教育です。

の記事を読んで、「誕生学」なるプログラムの危うさが、少し理解できた。
 
松本先生のこの記事のなかでの「自殺予防のために必要なのは、道徳教育ではなく、健康教育です。」という一文に、日本の現状を憂う。
 
というのは、健康教育の時間が学校教育ではほとんど確保されていないからです。「保健体育」の保健に、健康教育が位置づけられていますが、「心の健康」に関して言えば、小学校5・6年の保健体育の教科書に3時間分がおさめられているのみです。
 
道徳が特別の教科になって、体験的な学習や問題解決型学習を取り入れるようになったものの、やはり「道徳教育」という枠のなかでのこと。
 
今度の学習指導要領の改訂には、「健康教育」の拡大はみえてこない。
 
道徳の時間、35コマのうち、15コマを心の健康教育の時間にするといった改革を次の学習指導要領の改訂で実現してほしい。
そのためには、松本先生のような有識者を教育改革の会議のメンバーにして、大改革をおこなわなければ、いじめ・自殺を抑止することはできないのではないか。
中国では、2003年に、道徳とは別に、心理健康教育が科目として打ち立てられている。
中国にできて日本にできないことはない。

2017年2月 5日 (日)

災害・紛争後の子どもの心のケア(13)台風10号から5ヶ月スクールカウンセラーと教師の協働

岩手めんこいテレビが、東日本大震災、台風10号の被災小学校での教師とスクールカウンセラーの連携について取材したものがFNNニュースに掲載されています。
http://www.fnn-news.com/localtime/iwate/detail.html?id=FNNL00046318
掲載の期間は限定でしょうから、はやめにアクセスして、ご覧ください。
やはり地元のメディアは、息長く取材を続けていますね。

2017年1月29日 (日)

熊本地震と心のケア(44)21の団体による親子教室

2017年1月28日(土)の午前中に、益城町の小学校にて、「親子あったか体験教室」が開催されました。全国から22のボランティアが、小学校にかけつけました。「段ボールジオラマ防災教室」「フラワーアレンジメント教室」「食品サンプル製作体験教室」・・・・「ミュージカル俳優さんと楽しくダンス」「おもしろ理科実験講座」「世界が拡がる国際理解講座」などなど。
私は「試合で実力を発揮するためのイメージトレーニング講座」を担当しました。いっぱい楽しい企画があるので、メンタルトレーニングには参加希望者はいないかな、と思いましたが、親子、姉妹での参加がありました。
 
ワークシートを活用して、大リーガーで活躍した選手の呼吸法、オリンピック選手のストレス対処を紹介、そしてイメージトレーニング。親子や姉妹での参加だったので、最後は、絆のワーク。
ブログに掲載していいよという感想を掲載します。
 

【子どもの感想】

・息をゆっくりはいてすうという感じでやると心と体が温まりました。前にも、授業でやって、授業の復習をしたので、ふり返りみたいで楽しかったです。

・きょうはありがとうございます。

・来年の大会に生かしたいと思います。

・ねむりにつくやつがおもしろくて家でもやってみようとおもう。

・試合前とかはすごくきんちょうしていたけど、次の試合でリラックスして試合ができると思いました。

・これから様々な試験やコンクールや発表でもやってみようと思いました。

・きもちよかったです。

・試合とかに使っていきたいです。かたに手をあてたりするのが気持ちよかったです。今日はありがとうございました。

・大切な日の前は考えすぎて眠れなかったりしたので今日教えてもらったイメージトレーニングを寝る前と起きる前にやってみたいと思います。

 

【おとなの感想】

・イメージする大切さを知りました。ついつい悪くことを考えがちですが、常に良いイメージを喪ち、緊張しやすい性格なので、呼吸法でリラックスし、何事も思い通り、うまくいくようになれらたいいなーと思います。ありがとうございました。

・リラックスの方法が役に立った。子供の視線と親の視線でわかりやすかったと思います。

・約20年ぶりに仕事を始めて家事をうまくこなせていないのが先生に教えていただいたイメトレで、できるような気がしてきました。がんばってみます!また、小6・高1の子どもについつい「~しなさい」と言い続けてしまっているので、言い方を変えようと思いました。そして、マッサージをしてあげようと思います。ありがとうございました。

 

「imagetrainingws.pdf」をダウンロード 使ったワークシートです。

益城町の倒壊した家屋のあと、ほとんどが更地になっていましたが、まだ倒壊したままの家屋も少しありました。

これから報道が増えていくでしょう。アニバーサリー反応の意味と対処について、多くの人が知ることが大切だと、被災地の学校を訪問して思いました。

 

2016年10月30日 (日)

災害・紛争後の子どもの心のケア(12)地震後の3段階心理支援モデル-急性期は日常ストレスと余震への対処

1995年阪神淡路大震災、2004年中越地震、2004年インド洋大津波、2008年四川大地震、2011年東日本大震災、2016年熊本地震、そして鳥取中部地震。この20年で、災害後の急性期での支援のあり方がデブリーフィングからPFAに、被災体験の表現から、安全・安心の育成に変わっていきました。アメリカPTSDセンター版PFAには、2安全安心 7対処に役立つ情報があります。2の安全安心の章に、トラウマを思いだすきっかけになるものから身を守る という節があり、そのことが ”地震”という言葉を使わない方がいい、”避難訓練は心が安定するまでは控える”といった見解につながっていったのだと思います。一方で、7対処に役立つ情報では、「苦しみを軽減し適応的な機能を高めるためにストレス反応と対処を知ってもらう」という節があります。しかし、PFAには、避難訓練をどうしたらいいか、具体的なことが記載されていません。
東日本大震災、熊本地震での活動を通して、災害後の急性には、日常ストレス(眠り、イライラ、体調)への対処と、余震への対処をクラス単位で行う心のサポート授業1を基軸にするべきだと考えるに至りました。そして、まさに余震が落ちついたこと、トラウマティックストレス(思いだしてつらい、安全な刺激を避ける、自責)にどう対処したらいいかを学ぶ心のサポート授業2を、そして、1年後、2年後と、体験を整理する表現活動を中心に行う心のサポート授業3をという3段階心理支援モデルを提案するにいたりました。
鳥取中部地震では、熊本地震のように、震度6以上が頻発するということがなければ、心のサポート授業2はかなり早い時期、1ヶ月後くらいが適切かもしれません。
そして、このことは、虐待を受けてきた、犯罪被害やひどいいじめを受けてきた子どもたちへの支援につながる大切な活動ということを実施者は心して取り組んでほしいと思います。
ストレスチェックリストは、大人がハイリスクの児童生徒を発見するためのものではなく、子ども自身が自分のストレスを知りどう対処したらいいか学ぶための自分教材なのです。
そのためにも、ストレスアンケート(特にトラウマ項目を含んだもの)を10分間でやってしまう、ということがないようにしてほしいものです。

2016年10月22日 (土)

災害・紛争後の子どもの心のケア(11)災害後の心のケアの資料 雑誌「学校教育相談」

昨日も鳥取で震度6弱の地震がありました。ちょうど、修士論文中間発表会中、みんなの携帯が一斉になりだし、数秒後に、揺れを経験しました。揺れは小さく震度3くらいでした。
ちょうど 鳥取で教育実習中のゼミ生がいて、すぐにメールでやりとりしました。
ほんの森出版の「月刊学校教育相談」雑誌に、災害後の心のケアの資料が掲載されています。だれでもダウンロードできるようになっています。私も、3段階心のサポートモデルを執筆しています。眠りのためのリラックスなどの資料もダウンロードできます。
小林正幸先生の論文資料もダウンロードできますよ。
 

2016年9月 8日 (木)

災害・紛争後の子どもの心のケア(10)台風10号の傷跡

  2016年8月31日に山田町で公開心のサポート授業と教師研修が予定されていたため、30日の夜は宮古の旅館を予約していました。しかし、台風の進路情報から、30日の午後は新幹線が止まるのではと予想されたため、朝一番で自宅をでて、東海道新幹線・東北新幹線を乗り継いで、12時まえには盛岡につきました。新幹線は4分の遅れのみでした。
 
  そして、31日7時にレンタカーで山田に向かいました。すでに、106号が不通になっていたため、どうやって沿岸部に車で行くかについて、情報をとるのがとてもむつかしかったです。レンタカー店も、情報をもってないんですね。レンタカー店が仙人峠が通れるかどうかの情報をもってないんです。ツイッターで、どうやら大船渡まわりの107号線は大丈夫らしいとのことで、遠野に向けて走りました。仙人峠が通れればいいがと思いながら、NHKラジオの8時前の交通情報でも、仙人峠の情報は流れませんでした。仙人峠が近づくと、電子看板に、「全面通行止め・旧仙人峠」と点灯していました。あれ、ひょっとして、仙人峠はとおれるのか?と思いながら、走っていると、仙人峠は通行可でした。仙人峠を走っていた9時前のNHK道路交通情報では、仙人峠が通行可ということを流していました。
 釜石市内が渋滞がありましたが、山田には10時すぎに到着し、授業と研修を終えました。宮古の旅館は床上浸水で、泊まれず、大船渡のホテルをとって泊まりました。
 
 9月1日宮古市内にはいりびっくりしました。宮古小学校地域が床上浸水していたらしく、家具や畳を外にだしている家がたくさんありました。これは、津波を思いだしたり、やっと再建してきたのに、この水害でつらいだろうなと思いました。
 
 岩泉の小本小中は津波で校舎がこわれ、この3月に新校舎でスタートしましたが、小本川の近くで子どもたちの家は大丈夫だろうかと心配しています。度々宿泊してきた龍泉洞のホテルや旅館、岩泉の町が心配です。
 
 ただ、子どもたちのサポートは、津波経験を生かして、教師とスクールカウンセラーがスクラムを組んではじめています。

2016年8月19日 (金)

大泣きする子への母のかかわり

大泣きをする男の子への母親のかかわりがずごい とニュースになっています。
それはtwitterに投稿されたそうです。

「男の子が怪獣みたいに大泣きしてたんだけど、その男の子の母親が「いーよー!すごぉーく大きな声出ててるよー!えらいねー!おーヨチヨチ!赤ちゃんは泣くのが仕事だもんね!!」ってむちゃくちゃ煽ったら顔真っ赤にして「あがぢゃんじゃない!」って泣き止んで笑った。2016年7月28日 16:12         ドスを振り回すコメオ」

この母のかかわりは、怒りや悲しみを抱える子ども(ひと)への適切なかかわりです。

この子育てがみなできると、思春期青年期でのさまざまな苦しみを抱える子ども(不登校、非行・・・)がどれだけ少なくなることでしょう。

 

より以前の記事一覧