2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ウクライナの避難者・人たちへの心のケア(8)ウクライナ市民のトラウマ-Washington Monthly | トップページ | ウクライナの避難者・人たちの心のケア(10)ポーランドに避難してきた子どもたちへの支援 »

2022年5月13日 (金)

ウクライナの避難者・人たちへの心のケア(9)ウクライナ国立心理学会会長のメッセージ

ウクライナ国立心理学会長のメッセージです(2022年3月5日)。「全米心理学会の仲間たちと、私たちの社会が生き残り、回復するために全力を尽くしています」、「私たちのストレス耐性は鋼鉄でできていて、団結することが最良の対処法だと思えることがあります」、「私たちは今、殺され、家を破壊され、10日間のストレスで疲れ果てていますが、私たちには勝ちたいという強い思いがあり、互いに支え合っていることをお伝えして、私の手紙を終えたいと思います。そして、私たちは戦う準備ができています」と。ウクライナからの避難者を支援している方はぜひ、お読みください。

最前線から。ウクライナの精神保健医療専門家の言葉
2022年3月9日
ヴァレリア・パリイ(PhD)Valeriia Palii(PhD)


 


戦争の最初の頃、"私たちは、パニックや高いレベルの不安を防ぐための自助プロトコルを、子どもたちに特別な注意を払いながら、共有し伝えることに積極的に取り組んでいました。"
ウクライナ_インクドロップ/アドビストック


 


私は、ウクライナ国立心理学会の会長を務めるヴァレリア・パリイと申します。私は1986年、チェルノブイリ事故の6ヵ月後に生まれました。幼少期を錆びついたソビエト連邦で過ごし、独立国ウクライナで良心の呵責を覚えました。


 


18歳のとき、親ロシア派の大統領候補が組織した不正選挙に対する抗議運動「オレンジ革命」に参加しました。1年生だった私は、ボランティアでデモ隊に防寒着を届けました。


 


そして、私たちは勝利したのです。


 


写真;ヴァレリア・パリイ博士(ウクライナ国立心理学会会長


 


2014年、私は国民の多くとともに、ヨーロッパの開発コースの廃止と民主主義の抑圧に反対する「尊厳の革命」(いわゆるマイダン)のデモに参加しました。当時、私は論文発表の準備をしており、デモの被害者に無料で心理カウンセリングを行い、逃亡中の元大統領がデモ隊に使おうとしていた軍事基地を封鎖していました。


 


そして、私たちは勝利した。


 


今日は2022年3月5日です。私は再び、国の未来と私個人の未来を左右する出来事に参加しています。全米心理学会の仲間たちとともに、私たちの社会が生き残り、回復するために全力を尽くしています。


 


そして、我々は勝利するのです。


 


この手紙を私の話から始めるのは、ありがたいことではありません。私たちウクライナ人は楽観的で、自分たちの回復力や対処法は信じられないほどだと冗談を言っています。中年のウクライナ人はすでに歴史的な変化、経済的・政治的危機、戦争、COVID-19を経てきました。私たちのストレス耐性は鋼鉄でできていて、団結することが最良の対処法だと思えることがあります。私たちのボランティア運動は、世界で最も強く、最も素晴らしいもののひとつだと思います。今日、比較的安全な場所にいるウクライナ人のほぼ全員が、防衛、難民の受け入れ、輸送、軍隊のための料理、重要な品物の購入、ウクライナ軍への寄付など、勝利のために何かをしています。10歳の子どもたちでさえ、ロシアのプロパガンダサイトやチャンネルをブロックしようとしています。私たちは本当に自分の国で自由に暮らしたいと思っています。私たちはヨーロッパの一部であり、民主主義と自由というヨーロッパの価値観を共有していると感じています。


 


心理学者たちは、このような取り組みから手を引いてはいません。戦争が始まった当初から、私たちは現在の要請に応え、将来の行動計画を形成するための戦略を選択してきました。現在の活動は、主に危機的な心理的支援に重点を置いています。これは、命の危険の増大により人々が急速に場所を変えていること、戦時中の規制により比較的静かな場所でも家から出ることが許されないことから、オンライン形式で行っています。


 


実際、戦争が始まった当初は、人々の命が危険にさらされる状況にあったため、依頼は多くありませんでした。最初のころに多かったのは、食糧や水がない、家が爆撃で壊れているなど、人道的な問題が中心でした。自分の家が砲撃され、通信手段も光も水もない防空壕に他の人と一緒に座り、生き延びられるかどうかもわからない状況で、心理カウンセラーに相談することは誰にでもできることではありません。


 


だからこそ私たちは、パニックや強い不安を防ぐための自助プロトコルを共有し、伝えることに積極的に力を注ぎました。特に子どもたちには、戦争についてどう話すか、派遣されている親の子どもをどうサポートするか、強制移住にどう備えるか、さらには防空壕で子どもたちとどんなゲームをしたらいいかなど、特別な配慮が必要でした。特に、地下室や防空壕で数日間銃撃を受け、疲れ果てている親には、最新の資料が有効だったようです。


 


より安全な都市に移住する人が増えた今、基本的な安全ニーズが満たされ、人々は感情的な体験に集中するようになるため、より多くのリクエストが寄せられると予想されます。さらに、悲しみに関する相談の件数も増えています。


 


私たちの友人や他国のパートナー団体は、チェコ共和国、ポーランド、リトアニア、ラトビアですでに活動しているウクライナ語を話す心理学者による心理的支援ネットワークを立ち上げています。ポルトガルやカナダでも同様の取り組みが開始されていることが分かっています。他の国でも、すぐにこうした取り組みが始まることを期待しています。


 


私たちの勝利の後、トラウマ治療と危機管理カウンセリングの広範なトレーニングを開始する予定です。ウクライナの戦争は2022年2月24日に始まったわけではなく、8年前のクリミア併合と東部の領土の占領から始まっているのですから、多くの同僚がすでに関連スキルを身につけています。しかし、今日、私たちの目標は、ウクライナのすべての心理学者が適切な専門知識と技能を身につけることです。


 


今後、ショック反応、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病、急性ストレス、その他の精神疾患を持つ人が増えていくことが予想されます。また、多くの被災者が脳に損傷を負っているため、私たちの活動は神経認知の回復とリハビリテーションに焦点を当てることになるでしょう。もし、この文章を読んでいる方が、ウクライナの私の同僚の教育に協力する用意があれば、喜んでお受けします。


 


私たちは今、殺され、家を破壊され、10日間のストレスで疲れ果てていますが、私たちには勝ちたいという強い思いがあり、互いに支え合っていることをお伝えして、私の手紙を終えたいと思います。そして、私たちは戦う準備ができています。


 


2022年3月5日


 


キエフ


 


美しく、自由なウクライナ


 


パリイ博士は、ウクライナ国立心理学会の会長です。心理学の個人診療所を持ち、ウクライナの出版社UA-TESTの代表を務める。


 


この記事で述べられている意見は著者のものであり、必ずしもPsychiatric TimesTMの意見を反映するものではありません。


 


From the Frontlines: Words From a Mental Health Expert in Ukraine
March 9, 2022
Valeriia Palii, PhD


 


In the first days of the war, “we were actively focused on sharing and communicating self-help protocols to prevent panic and high levels of anxiety, with special attention to children.”
ukraine_ ink drop/Adobe Stock


 


COMMENTARY
My name is Valeriia Palii; I am the president of the National Psychological Association of Ukraine. I was born in 1986, 6 months after the Chernobyl accident. I spent my childhood in the rusting Soviet Union, and my age of conscience passed in the Independent Ukraine.
At the age of 18, I participated in the Orange Revolution, widespread protests against election fraud organized by a pro-Russian presidential candidate. I, a first-year student, volunteered and delivered warm clothes to the protesters.
Then we won.


 


Photo; Valeriia Palii, PhD, president of the National Psychological Association of Ukraine


 


In 2014, I, along with most of the country, took part in the Revolution of Dignity (so-called Maidan) protests against the abolition of European development courses and the suppression of democracy. At the time I was preparing for my dissertation defense, and I was providing free psychological counseling to the victims of the protests and blocking military bases that the former fugitive president wanted to use against the protesters.


 


Then we won.


 


Today is March 5, 2022. I am once again taking part in events that will determine the future of my country and my personal future. Together with colleagues from the National Psychological Association, we are doing everything to ensure that our society survives and recovers.


 


And we will win.


 


It is not gratuitous that I begin this letter with my story. We Ukrainians are optimistic and joke that our resilience and coping strategies are incredible. Middle-aged Ukrainians have already gone through historical changes, economic and political crises, wars, and COVID-19. Sometimes it seems to me that our stress resilience is made of steel, and the best coping strategy for us is to unite. I think our volunteer movement is one of the strongest and most incredible in the world. Today, almost every Ukrainian who is relatively safe is doing something to win: defending, accepting refugees, transporting, cooking for the army, buying important items, and donating to the Ukrainian army. Even 10-year-old children are trying to block Russian propaganda sites and channels. We really want to live free in our country. We feel that we are part of Europe—we share European values ​​of democracy and freedom.


 


Psychologists do not stand aside from the initiatives. From the first day of the war, we have chosen a strategy for responding to current requests and forming an action plan for the future. Current activity is focused mainly on the crisis psychological assistance. This is an online format, because people are rapidly changing locations due to the increased risk to life, and it is not allowed to leave homes, even in relatively quiet places, due to wartime restrictions.


 


In fact, during the first days of the war, there were not many requests, because people were in conditions of immediate danger and life threat. The most common requests during the first days centered around humanitarian problems such as lack of food and water, and houses being destroyed by the bombing. When your house is shelled and you are sitting in a bomb shelter with others without communication, light, or often water and you do not know if you will survive, talking to a psychologist is not an option for everyone.


 


That is why we were actively focused on sharing and communicating self-help protocols to prevent panic and high levels of anxiety, with special attention to children: how to talk about war, how to support the children of parents who are deployed, how to prepare a child for forced relocation, and even what games to play with children in a bomb shelter. The latest materials were especially relevant for parents who were exhausted, sitting in basements and bomb shelters for several days under fire.


 


Now that more individuals are moving to safer cities, we expect more requests, because the basic safety needs will have been met and people will be more focused on their emotional experiences. In addition, the number of calls for help with grief are growing.


 


Our friends and partner associations from other countries are launching psychological support networks with Ukrainian-speaking psychologists who are already working in Czech Republic, Poland, Lithuania, and Latvia. We know that similar initiatives are being launched in Portugal and Canada. I hope that other countries will also set these initiatives very soon.


 


After our victory, we plan to launch an extensive training in trauma therapy and crisis counseling. Many colleagues already have relevant skills, because the war in Ukraine did not begin on February 24, 2022—it began 8 years ago with the annexation of Crimea and the occupation of our territories in the East. But today, our goal is to have the appropriate professional knowledge and skills from every psychologist in Ukraine.


 


In the future, we expect a growing number of individuals with shock reactions, post-traumatic stress disorder (PTSD), depression, acute stress, and other psychiatric disorders. A large number of victims will also have brain injuries, so our activity will be focused on neurocognitive recovery and rehabilitation. If anyone reading this article are ready to help my colleagues in Ukraine with their education, we will be glad to receive that help.


 


I would like to end my letter by saying that although we are suffering greatly now—we are being killed, our homes are being destroyed, and we are exhausted from 10 days of stress—we have a strong desire to win and support each other. And we are ready to fight.


 


March 5, 2022


 


Kyiv


 


Beautiful and Free Ukraine


 


Dr Palii is president of the National Psychological Association of Ukraine. She has a private psychological practice and heads the Ukrainian Publishing Company UA-TEST.


 


The opinions expressed in this article are those of the author and do not necessarily reflect the opinions of Psychiatric TimesTM.

« ウクライナの避難者・人たちへの心のケア(8)ウクライナ市民のトラウマ-Washington Monthly | トップページ | ウクライナの避難者・人たちの心のケア(10)ポーランドに避難してきた子どもたちへの支援 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナの避難者・人たちへの心のケア(8)ウクライナ市民のトラウマ-Washington Monthly | トップページ | ウクライナの避難者・人たちの心のケア(10)ポーランドに避難してきた子どもたちへの支援 »