2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ウクライナの避難者の心のケア(6)RTE(アイルランド国営放送)スロバキアからウクライナ避難者のレポート2022年4月8日 | トップページ | 生徒指導提要改訂試案を読んで(1)現在の生徒指導提要(平成22年3月)とのちがい »

2022年4月10日 (日)

ウクライナの避難者の心のケア(7)CNNポーランドのウクライナ難民ー見えないトラウマに救いの手を2022年4月10日発信

CNNの記者がポーランドのウクライナ避難民への心のケアについての記事を発信しています。「私の子供たちはウクライナ人と一緒にワルシャワの学校に通っているので、話をすることがあります。あの子たちは信じられないほど回復力があるそうですが、表面下に何があるかはわからないものです。もちろん、これは大きな問題の一つです。つまり、健康管理......心の健康です」とワルシャワ市長は言った。市長は、市の精神科医、心理学者、その他の精神保健福祉サービスの多くを、ウクライナ難民を助けるように指示したと述べた。母親が安心して語れる場と子どもたちの遊びや学びの場を並行してサポートしているようです。Deeplで翻訳しています。母親たちのグループなどが紹介されていますので映像ニュースもご覧ください。

Ukrainian refugees dealing with trauma after escaping to Poland

ポーランドのウクライナ難民、見えないトラウマに救いの手を -- メンタルヘルス
CNN EXPANSION DC 2017 Dana BashAbbie Sharpe
CNN ダナ・バッシュ、アビー・シャープ 記

2022年4月10日 1003 GMT (1803 HKT)更新
ポーランドに逃れたウクライナ人難民が抱えるトラウマ

ポーランドに逃れたウクライナ人難民のトラウマ 03:59
ポーランド・ワルシャワ(CNN)8歳のヤナちゃんは、ウクライナのオデッサ近郊の自宅で週に6日、体操教室に通っていた。

今は、ここポーランドの首都にある難民センターのオープンフロアで、一人で練習することしかできない。
ロシア大統領ウラジーミル・プーチンの残忍な侵攻の余波で、ヤナは家も情熱も父親も捨てざるを得なくなったのだ。
「爆発があったのよ」と彼女は静かに語り、実際に見たことよりも聞いたことの方が多かったと回想する。
「ただ、あまり怖くはありません」と彼女は付け加えた。
母親のリュドミラ・バッツさんは、ヤナはとても強いと言い、娘が「大丈夫」と言うときは、本当にそう思っているのだろうと期待しているという。
しかし、ウクライナ難民を一時的に収容しているスポーツ施設「アリーナ・ウルシヌフ」でシャワーを浴びた後、バスローブ姿でバツさんは自身のトラウマについて語りました。
「ここでも、飛行機の音が聞こえると、怖くなるんです」。
バッツと彼女の子供たちは、ポーランド人の寛大さによって恩恵を受けている。避難所、食料、そしてヤナが携帯電話でバーチャル・スクールに通う際に使う鉛筆と紙が十分にストックされたテーブルさえもある。
しかし、ポーランドの指導者や民間団体がウクライナ難民に提供している支援はあまり知られていない。それは、国境を越えてきた女性や子どもたちの精神的な健康という目に見えないものに対処することだ。
250万人以上のウクライナ人難民がポーランドに逃れてきており、ワルシャワ市長のラファル・トラスコフスキによると、首都ワルシャワだけで約30万人がいるという。そのうちの10万人が子供で、すでに1万5千人のウクライナ難民がポーランドの学校に入学しているという。
「私の子供たちはウクライナ人と一緒にワルシャワの学校に通っているので、話をすることがあります。あの子たちは信じられないほど回復力があるそうですが、表面下に何があるかはわからないものです。もちろん、これは大きな問題の一つです。つまり、健康管理......心の健康です」と市長は言った。
Trzaskowski氏は、市の精神科医、心理学者、その他の精神保健福祉サービスの多くを、ウクライナ難民を助けるために一時的に指示した、と述べた。
民間団体もケアを優先し、到着した難民が見ることができるように駅にビラを置いている。
「私たちは皆、特にここ数日テレビで見たことがトラウマになっています。爆弾から逃れたばかりの子供たちもいますしね。家族が殺されるのを見た子供もいる。つまり、これは私たちが想像もつかないようなことなのです」とトラスコウスキーは語った。「ワルシャワにはトラウマを抱えた子供たちが大勢いて、助けを必要としているのです」。
「ウクライナの友人たちは、私たちが彼らの家族や子供たちの面倒を見ているから、彼らは戦争や国の再建に集中できると言っています」と、残留した兵士たちのことを指して付け加えた。
もはや余計なお世話ではない
メンタルヘルスの重視は、戦争難民のケアとしては非常に現代的なアプローチです。戦争難民のケアにおいて、メンタルヘルスが重視されるようになったのは、ごく最近のことです。
ワルシャワのダウンタウンにあるユダヤ教のヒレルセンターで、ミレーナ・コノバロワは難民の女性のためのグループセラピーのセッションを担当しています。彼女自身、最近ウクライナから逃れてきた。
「すべての女性は、自分の話を聞いてくれるもう一人の女性を必要としているのです」と彼女は言います。「ウクライナの戦争が始まる前、私は女性心理学者として働いていました。私は女性だけを相手にしていたので、女性にとって話すこと、他の女性と話すことがいかに重要であるか理解しています」。
コノバロワはユダヤ人ではないが、ヒレルセンターは、あらゆる種類の必要を抱えたすべてのウクライナ人のために門戸を開いている多くの組織の一つである。
最近のセッションでは、コノバロワさんと他の5人の女性が、バラの花びらを敷いたテーブルを囲み、彼女が「女性の輪」と呼ぶものに座りました。
ペルコアの「Be Yourself」という歌の歌詞が部屋に流れ、女性たちが順番にキャンドルに火を灯しました。感情が表に出てくる。女性たちがつながり、体験を共有すると、涙があふれました。
女性たちが話している間、子供たちは部屋の反対側にある仮設のデイケアセンターで遊んでいました。子供たちの中には、おもちゃや他の子供たちと遊ぶことに満足し、理解できないほど幼い子供もいました。
しかし、中には理解する子もいます。8歳のアントニーナのような少女は、自分がポーランドにいるのは戦争のせいだと知っていると言った。
「プーチンの頭の中に何かがあるからよ」と彼女は説明した。
すべての大人が良い決断をするわけではないことがわかったと、私たちは会話の中で言った。
「プーチンに限って言えばね」とアントニーナさんは言い返した。
難民の子どもたちは、アメリカの子どもたちと同じように、約2年間のパンデミックの間、隔離されたことですでに精神的な問題を抱え込んでいた。そして今、暖かい家庭を離れ、戦いのためにウクライナに残った父親はもちろんのこと、パンデミック前の平穏な生活への動きも無残に中断されてしまったのだ。
部屋の向こうの母親たちは、自分たちを助け、家族のニーズやトラウマに対処するためのより良い場所に置くために、精神的なサポートを求めています。
「他の女性と話すと、私たちも同じ問題を抱えていると聞きます。自分の状況を離れたところから見ると、解決できるのです」とコノバロワは説明します。
"最も顕著なトラウマは、女性が明日を見ないことです。確信が持てず、疑い、怯え、どこにも守られている気がしないのです」と彼女は言います。"そして、彼らに明日があること、暖かく安全な場所にいること、子供たちは明日もお粥を食べること、彼女は彼を寝かしつけ、子供と散歩に行くことができることを伝えることが重要なのです"。明日があることを知ることが大切なのです。"

Ukrainian refugees in Poland get help for trauma you can't see -- mental health
CNN EXPANSION DC 2017 Dana BashAbbie Sharpe
By Dana Bash and Abbie Sharpe, CNN
Updated 1003 GMT (1803 HKT) April 10, 2022
Ukrainian refugees dealing with trauma after escaping to Poland

Warsaw, Poland (CNN)Eight-year-old Yana was going to gymnastics class six days a week at home near Odessa, Ukraine.

Now, she can only practice by herself on a patch of open floor in a refugee center here in the Polish capital.
Yana is one of millions of Ukrainian children coping with change: forced to leave her home, her passions and her father behind in the aftermath of Russian President Vladimir Putin's brutal invasion of their country.
"There were explosions there and stuff like that," she said quietly, recalling that she heard more than she actually saw.
"I'm just not afraid of it very much," she added.
Her mother, Liudmyla Bats, said Yana is very strong and said she hopes that when her daughter tells her she is doing OK, she really means it.
But sitting in her bathrobe after a welcome shower at the Arena Ursynów, a sports complex now used to temporarily house Ukrainian refugees, Bats talked about her own trauma.
"Even here, every time when I hear some sounds and when the airplane is flying, I'm afraid," she said.
Bats and her children are benefiting from the well-documented generosity of the Poles -- shelter, food, even a table well-stocked with pencils and paper for Yana to use while attending virtual school on her phone.
But less known is the help Polish leaders and private organizations are providing Ukrainian refugees dealing with what we can't see: the mental health of the mostly women and children who crossed the border.
More than 2.5 million Ukrainian refugees have fled to Poland, and, according to the Warsaw Mayor Rafal Trzaskowski, there are some 300,000 in the capital city alone. He said 100,000 are children and already 15,000 Ukrainian refugees are enrolled in Polish schools -- some with his own children.
"I talk to my kids because they attend Warsaw schools with Ukrainian kids. They say that those kids are incredibly resilient, but you never know what's beneath the surface. And, of course, this is one of the major problems. I mean, health care -- psychological health," the mayor said.
Trzaskowski said he has temporarily directed many of the city's psychiatrists, psychologists and other mental health social services to help the Ukrainian refugees.
Private organizations are prioritizing the care too -- leaving leaflets at train stations for arriving refugees to see.
"We are all traumatized, especially after what we've seen in the past days on television. And some of those kids were just escaping bombs. Some of them were seeing members of their family being killed. I mean, this is something that we have problems imagining," Trzaskowski said. "We have a lot of traumatized kids in Warsaw who need help."
"My friends from Ukraine tell me that they can focus on fighting and rebuilding their country because we take care of their families and their kids," he added, referring to the men who stayed behind.
No longer an afterthought
The emphasis on mental health is a very modern approach to caring for war refugees. It wasn't that long ago that it was an afterthought, if a thought at all.
At a Jewish Hillel Center in downtown Warsaw, Milena Konovalova leads group therapy sessions for refugee women. She recently fled Ukraine herself.
"Every woman needs another woman who can listen to her," she said. "Before the war in Ukraine, I worked as a women's psychologist. I worked only with women, and I understand how important it is for women to talk, to talk to other women."
Konovalova is not Jewish, but the Hillel Center is one of many organizations opening their doors for all Ukrainians with any kind of need.
During a recent session, Konovalova and five other women sat around a table covered with rose petals in what she calls a women's circle.
The lyrics of the song "Be Yourself" by Peruquois filled the room as the women took turns lighting candles. Emotions rushed to the surface. Tears flowed as the women connected and shared their experiences.
While the women talked, their children played in a makeshift day care center on the other side of the room. Some of them were too young to understand, happy just to be playing with toys and other children.
But some of them do understand. Young girls like eight-year-old Antonina, who said she knows that she's in Poland because of the war.
"Because Putin has something in his head," she explained.
It turns out not all grown-ups make good decisions, we said during our conversation.
"When it comes to Putin, yes," Antonina shot back.
The refugee children, just like children in the United States, were already dealing with mental health challenges from being isolated during almost two years of the pandemic. Now, having left the warm comforts of home, not to mention their fathers who stayed in Ukraine to fight, any move toward a pre-pandemic normalcy has been cruelly interrupted.
Their mothers across the room are seeking emotional support to help themselves and put them in a better place to address their family's needs and traumas.
"When we talk to other women, we hear that we have the same problems, and when we see our situation from a distance, we can solve it," explained Konovalova.
"The most prominent trauma is that women don't see tomorrow. They are not sure, they doubt, they are frightened or scared, they don't feel protected anywhere," she said. "And it's important to convey to them that there is tomorrow, that they are in a warm and safe place, that the children will have porridge tomorrow, and she will be able to tuck him in, go for a walk with the child. It's important to know that tomorrow will happen." 

 

« ウクライナの避難者の心のケア(6)RTE(アイルランド国営放送)スロバキアからウクライナ避難者のレポート2022年4月8日 | トップページ | 生徒指導提要改訂試案を読んで(1)現在の生徒指導提要(平成22年3月)とのちがい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナの避難者の心のケア(6)RTE(アイルランド国営放送)スロバキアからウクライナ避難者のレポート2022年4月8日 | トップページ | 生徒指導提要改訂試案を読んで(1)現在の生徒指導提要(平成22年3月)とのちがい »