2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

新型コロナウイルス感染症対策での心のサポート(7)学校での防疫心のサポート授業

2020年2月27日夜の安倍総理の全学校休校要請を受けて、はやいところで、3月2日から休校にする学校が多いと思います。休校している間、子どもはどんな勉強を自宅ですればよいか、家でじっとしていては、心にも体にも良くないので、家でどんな運動をすればいいのか、規則正しい生活を送るにはどうすればいいのか、そして、なぜ休校になったのか、コロナウイルスってしている?どうすれば「うつらない、うつさない」のか? 休校を要請する前に、文科省から、防疫心のサポート授業案を発信してほしかった。
ネットで、藤田医科大学感染症科監修の小学生向けのパワーポイントを発見したので、私の知人の校長先生に27日夜に送ったところ、28日に全クラスで授業をやりたいので、チェックリストのあるワークシートを作成してほしいと依頼があり、28日の朝、ワークシートを送りました。

ワークシート添付します。

ダウンロード - covid19kokoronosupportlesson.pdf

 


日ごろから手洗い指導やっていることもあり、子どもたちは授業に積極的に取り組んだようです。もう、あさって(3月2日)から休校を決めている学校では実施がむつかしいでしょうが、3日以降に休校にする学校は、防疫心のサポート授業を実施してはどうでしょうか?

2020年2月27日 (木)

新型コロナウイルス感染症対策での心のサポート(6)有識者会議にチームを作ってください!

尾身茂副座長の有識者会議にチームはできているのでしょうか? 感染症対策広報担当チーム(子ども対応・大人対応)、検査体制チーム、医療支援チーム、治療開発チームなどです。副座長などリーダーはチームを統括して、各関連機関をモニターしリーダーシップを発揮するのが役割では。


安倍総理の3月2日から全学校休校要請、文科省と協議した結果ですか?有識者会議の助言ですか?それは発信してほしい。
そして、子どもにとって、新型コロナってなに?(子ども広報担当は、いろんな大学機関で作成しているパワーポイントを例示し活用をすすめる。フェイクニュースがおおいなか、信頼できる情報を国民は求めている)休校期間中どうすごす?先生とはどういうやりとりする?部活は?などそれをどこにたずねる?


チームをつくってない、システムができてないのであれば、すぐ作ってください!

2020年2月24日 (月)

新型コロナウイルス感染症対策での心のケア・心理援助(5)心のケアと心理援助

「心のケア」というと、どうしてもPost,災害や事件が発生したのちの心身の打撃に対する心理的支援をイメージします。

この新型コロナウイルス感染症は、いままさに、進行中、Ingであり、対応次第で、爆発的に感染が広がり、命を脅かす出来事です。

中国では、心のケアを「心理援助」といいます。この用語は、PostだけでなくIngのイメージを含んでいると思います。

昨日の中国心理専門家とのWEB会議で、「うつらない、うつさないの覚悟」が大事と確信しました。

これは、「心のケア」だと、ピントきません。心構えですから。ですから、「新型コロナウイルス感染症対策での心理援助」といった方がいいかもしれません。

 

これまでの日本政府・厚労省のDP船への対応をみていると、

「日本には聡明な人たちはたくさんいるがシステムが脆弱」ということがあらわにったわけです。

中国の留学生が言いました。首飾りをつくるとき、日本人は、首飾りの玉を作り玉を磨きます。中国人は、まず、紐を用意します。

ひょっとして、感染症学の専門家は感染症コントロールの専門家ではないのかもしれません。

医学の問題というより、ガバナンスやマネジメントの問題のようです。聡明な感染症コントロールの専門家と感染症学の専門家を集めて、

新型コロナウイルスをコントロールする司令塔と新型コロナウイルスに罹患した人の回復を支援する感染症学の専門家を政府は組織しなければなりません。

与党・野党といっている時ではありません。一刻もはやく、新型コロナウイルス対策の司令塔を打ち立ててほしいと思います。

新型コロナウイルス感染症対策での心のケア・心理援助(4)新型コロナウイルス感染症対策での心のケアを考える国際WEB会議報告

2020年2月23日日本時間13時~16時北京時間12時~15時。人と防災未来センター東館4階兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科・中会議室にて、「新型コロナウイルス感染症対策での心のケアを考える国際WEB会議」が開催されました。アジア災害トラウマ学会HPに、記録を編集し掲載しました。学会事務局長の赤田さんがWEB会議ZOOMを操作、ビデオカメラにより中会議室から複数のスピーカーが直接ZOOMにはいらなくても発言できるようにしてくれました。


 


新型コロナウイルス感染症。「うつらない、うつさない」の覚悟。中国の人たちの声をWEB会議で聴きました。私たちができることはこの覚悟を決めること。日本のトップはこの覚悟を自ら問うてほしい。FACEBOOK,Twitterでこのメッセージを発信しました。
臨床心理士・公認心理師がこの新型コロナウイルス感染症対策になにができるか、武漢から日本人を飛行機で帰国させはじめたころから考えていました。地震災害とちがって、進行中の災害、くいとめなければならない、それは医学の問題であり、心理学はどう貢献できるかと。この3週間の日本のトップの対応を知り、これは、医学のみの問題ではなく、むしろ、マネジメントの問題であり、昨日のWEB会議で、それは<「うつらない、うつさない」覚悟>の問題であることが明確になったのです。そして、マネジメントには、医学、工学(AIなど)、心理学、福祉学、すべての英知を結集しなければ太刀打ちできません。

2020年2月23日 (日)

新型コロナウイルス感染症対策での心のケア・心理援助(3)いじめを受けている...

「他校児童から“コロナ小”と呼ばれるいじめ受けた」感染者ら受入施設近くの小学校 保護者から心配の声
東海テレビ 2/22(土) 0:35配信

藤田医科大学岡崎医療センター(愛知・岡崎市)
 新型コロナウイルスの感染者を受け入れている愛知県岡崎市の医療センター近くの小学校で説明会があり、保護者からは児童が他の学校の児童から「コロナ小」と呼ばれいじめを受けるなど、影響を心配する声が上がりました。
 藤田医科大学岡崎医療センター近くの小学校で21日夜開かれた説明会には、保護者らおよそ300人が参加しました。
 保護者からは児童が別の学校の児童から「コロナ小」と呼ばれ、いじめを受けていることなど感染者受け入れによる影響を危惧する声が相次ぎました。
 岡崎市教育委員会はこれを受け、各小中学校に対し今後道徳の授業などで児童・生徒に差別的な発言を控えるよう指導するとしています。
 また来週はじめには児童たちに感染予防のため子供用のマスクを配布するということです。

これ、「道徳の授業などで児童・生徒に差別的な発言を控えるよう指導」これだけでは十分ではないと思います。
そういう発言をしてしまった児童生徒は、不安を抱えていると思うんです。ですから、しっかり話を聴いてあげることが大事です。

新型コロナウイルス感染症対策における心のケア・心理援助(2)武漢を取材した記事から

産経新聞は 武漢を取材した記事を掲載しています。
「武漢封鎖1ヶ月・・まるで戦時の籠城「多くの死別が身近に」2020.2.22.19:55

記事の一部を引用します。
「多くの死別が身近に起きた。家族を大切にしなければとの思いが深まった」
 武漢市のIT関連企業に勤める女性(38)が21日、メール取材に応じた。武漢の封鎖当初は当局の措置を軽く受け止め、どこか面白がっている気分もあったという。だが肺炎の症状を悪化させながら病床不足で入院できない人々の悲痛な訴えを多く見聞きし、重苦しい気持ちになった。「心がマヒしている部分もある。今起きている全てが早く終息してほしい」

どこか面白がっている気分=過覚醒
心がマヒしている部分=マヒ

これはトラウマ反応であり、その意味と対応を知ることは、ストレス関連障害のリスクを下げることにつながります。
一方トラウマ反応の意味を知らないと、「面白がっている気分になるなんて不謹慎だったと自分を責めてしまう」かもしれません。
死を脅かす出来事に遭遇した人にだれにでも起こる反応であり、あまりにも衝撃が強すぎて、心をマヒさせて、心を守っている工夫であることを
知っておくと、その受けとめ方や対応も変わってくると思います。

今日は、中国の心理カウンセラー・心理専門家とのWEB会議です。中国は四川大震災以来、心のケア(心理援助;心理健康教育)を国家政策として展開してきており、ITを活用した支援システムを構築しているようです。今日は、その知恵と方法を学びます。

2020年2月16日 (日)

災害後の子どもの心のケア(11) 東日本大震災当時小学生・中学生だった若者の声を聴く

昨日(2020年2月15日)、福島県郡山市ビッグパレットで、東日本大震災時小学生・中学生だった若者の声を聴くシンポジウムが開かれました。
NPO福島子どもの未来と心を育む会主催。私は司会・進行役で参加しました。
4人の若者の声を聴き、思ったことは、「平時での心のケアの充実こそが一番の課題」だと。
ある若者は避難先の他県の学校では、福島でなにが起きているかわからないまま、自分の体験を整理するカウンセリングの機会もなかったと語りました。また、ある若者は担任も友だちも受けいれてくれた。担任は家庭訪問を何回もしてくれたと語りました。
なにより、いつも通りの遊び、スポーツ、学びが大切だとも彼らの語りから理解できました。
平時の心のケアの充実について、日本は教育政策にきちんと反映させなければならないと痛感しました。

阪神淡路大震災と神戸児童連続殺傷事件を受けて設置された「心の教育緊急会議」、その会議の答申で「心の教育の充実」が提言されました。しかし、それは今日システムとして、全ての子どもに、実現されていないと思います。「平時の心のケア・心の教育」は教師個人の力量にゆだねられているのです。大津の事件を受け、道徳を教科化して、いじめ・自殺防止をしようとしたのが誤りです。もし、「心の教育=道徳教育+心の健康教育」として、年間35コマの授業時間を「心の教育」の時間として使えるなら、教育相談週間をどの学校でも年間にその授業時間を5コマでもあてれば、30人のクラスなら、一人5分の担任との面談として、4コマあれば、30人と一対一で話せるし、必要に応じてスクールカウンセラーも同席ないし、スクールカウンセラーとの面談にも活用できるわけです。教師が個別面談をしているとき、ほかの児童生徒は道徳の読み物教材を読んで自習することもできるわけです。道徳の22の内容項目に22コマ、心の健康に13コマあてることができれば、もっとゆっくりと児童生徒一人一人と話す時間を確保できるのではないでしょうか。

NHK福島がローカルニュースで放映してくれたメッセージです。
震災と原発事故から来月で9年 子どもの支援考えるシンポ
2020年2月15日 21時03分東日本大震災
東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故が起きた当時、小中学生だった若者と、心のケアにあたってきた臨床心理士などが福島県でシンポジウムを開き、災害の際の子どもの支援の在り方について「家庭や学校以外で本音を話せる場が必要ではないか」などといった意見が出されました。
シンポジウムは震災と原発事故から来月で9年になるのを前に、子どもの心のケアの在り方を考えようと、福島県内の精神科医や臨床心理士などでつくるNPOが郡山市で開きました。

この中で震災当時、福島県の沿岸部の小中学校に通っていた若者4人がこれまでを振り返り、「他県に転校した時、福島で被災したというのを意識せずにみんなが普通に接してくれてうれしかった」などと体験を語りました。

一方で「メディアの取材などを通して、『自分も復興に貢献しなければ』というプレッシャーを感じた時もあった」という意見も出されました。

このあと臨床心理士などが加わって議論が行われ、災害の際の子どもの支援の在り方について、「家庭や学校以外で本音を話せる場が必要ではないか」などといった意見が出されました。

小学5年生の時に富岡町から県外に避難した男子大学生は「震災後の人生を振り返ることで、自分が何を感じていたのか整理できた気がします」と話していました。

主催したNPOの理事長の冨森崇さんは「震災から10年を前に、今後も若者らの意見を参考にしながら、今までの支援の在り方を検証していきたい」と話していました

 

 

2020年2月15日 (土)

新型コロナウイルス感染症対策における心のケア・心理援助(1)国際シンポジウムの開催

新型コロナウイルス感染症対策における心のケア・心理援助の国際シンポジウムを2020年2月23日に、人と防災未来センター東館4階 兵庫県立大学大学院中会議室にて、アジア災害トラウマ学会主催で開催いたします。
私たちは、四川大震災以来中国心理専門家と交流を続けており、中国のトップレベルの心理学者から時々刻々と情報がはいってきます。それをみなさんと共有して、日本で感染が広がりつつある今、シンポジウムを企画しました。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »