2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自殺予防のために必要な教育は道徳教育ではなく健康教育です(2)自殺の中1男子生徒「先生から高校行けなくなる」 | トップページ | 災害後の子どもの心のケア(9)第11回アジア災害トラウマ心理援助国際学術大会-中国・昆明-1報 »

2019年8月 1日 (木)

特別の教科 道徳 道徳ではいじめ防止にならない(7)「かぼちゃのつる」の「こいぬ」のせりふ8社の比較

『』はこいぬのせりふ。・は問いかけ
8社中、こいぬがつるをおこってふみつけたのは2社(光村図書と教育出版)、他の6社はこの記述はありませんでした。おそらく、「ふみつける」というのはまずいと6社は考えたのでしょう。そのほかのシナリオはほとんど同じでした。こいぬの「ふみつける」という暴力は6社には記載されいませんが、みつばちさんやちょうちょさんやこいぬさんは、人や自分たちがとおるみちだといっても、車がとおるみちだとは教えてあげていません。また、かぼちゃの考えや気もちを全く聞いていません。

小1でらんぼうな子がクラスにいたら、まわりの子は「だめだよ」「こまるよ」とはいっても、「どうしてそんなことするの?」とらんぼうな子の気持ちや考えを聞こうとすることが大事だということはこの作品では表現されていません。問いかけも、「かぼちゃがないているとき、どんなことを考えたでしょう」とかぼちゃの立場にたって考えようというものがほとんどで、「わがまましないで、がまんしましょう」というメッセージを一生懸命送っています。しかし、学校になじめない、学校に行きたくない子どもの多くは、自分の考えをうまく表現できない、わがままができない子どもたちが多いですよね。「ずっとがまんする」という感情抑圧対処は、ストレス反応を増大させ、ストレス障害のリスク因子です。一方、衝動をコントロールできずに教室を飛び出したり暴れたりする子のほとんどが、その行為は「よくない」ということを知っています。でも、コントロールできないのです。そういった子どもへの望ましいかかわり方を、臨床心理士の坂上頼子先生作の「イライラしたときどうする?」という紙芝居が教えてくれています。まずは、椅子に座ることをすすめて、落ち着くリラックスを提案して、その子の話を周りのお友だちがしっかり聴くことが大切とメッセージを送っています。これは、ストレスマネジメントの視点、心の健康教育の視点であり、この発想は道徳的価値を学ぶことを主眼とする道徳学からは生まれてこないのではないでしょうか。なぜ、心の健康授業が小1からわが国では、正規の授業に位置づけられていないのか、残念でなりません。

東京書籍 『ここはみんなのとおるみちだよ。こまるなあ。』
 ・だれかがわがままをいうと、まわりのひとはどう かんじますか・
日本文教出版 『かぼちゃくん、かぼちゃくん。ここは、みんなが とおる みちだよ。こんな ところに のびては こまるよ。』 
 ・かぼちゃは、ぽろぽろ なみだを こぼしながら、どんな ことを おもったのだろう。
 ・まわりの 人のちゅういを きいて、がまんする ことが できたときの ことを、おもいだして みよう。
光文書院 『ここは、ぼくや ひとが とおる みちだよ。こんな ところに のびてはこまるよ。』
 ・かぼちゃは どう したらよかったか、かんがえてまとめましょう。
 ・わがままを しない ために これから どんな ことに きをつけたいか、いえで はなしあいましょう。
学研 『かぼちゃさん、ここは みんなが とおる みちだよ。これでは とおりにくいよ。』
 ・ないている かぼちゃさんの きもちを いってみよう。
 ・かぼちゃさんに どんなことを おしえて あげますか。
光村図書 『ここは、みんなの とおる みちだよ。』 「またいで とおれば、いいじゃないか。」 こいぬは おこって、つるを ふみつけました。「ふまれたって、へいきだい。」
 そこへ、トラックが ブルンブルンとやってきました。
・わがままを しないで せいかつする ことが たいせつなのは、どうしてかな。
 ・かぼちゃが みんなの いうことをきかなかったのはどうしてでしょう。
 ・ぽろぽろ なみだを こぼして ないた とき、かぼちゃは どんなことをかんがえたでしょう。
 ・かぼちゃがつるをのばすとき、どんなことをかんがえればよかったのでしょう。
廣済堂あかつき 『ここは、ぼくや 人の とおるみちだよ。こんなところにのびては こまるよ。』
 ・かぼちゃのつるは、どんな おもいで、ぽろぽろ なみだを こぼして ないたのでしょう。
 ・どうして わがままを しない せいかつが たいせつなのでしょう。
学校図書 『こまるよ かぼちゃくん。ここはみんなの とおるみちだよ。』
 ・みんなから ちゅういされたとき、かあぼちゃは どんなふうにおもって いたでしょう。
 ・つるを きられたかぼちゃは、なきながらどんなことをおもったでしょう。
 ・やりすぎて しまって こうかいした ことや、がまんして よかったことを はっぴょうしましょう。
教育出版 『かぼちゃさん ここは みんながとおるみちですよ。ここにのびてはこまりますよ。』「またいでとおればいいじゃないか」こいぬは おこって かぼちゃのつるを ふみつけました。 かぼちゃの つるは こいぬにふまれてもへいきなかおをしています。
 ・どうすればよかったか かぼちゃに おしえてあげよう。
 ・・かぼちゃからどんなことをまなびましたか。

 出典:教育出版は教育出版のHpより、その他7社は教科書原本から転記しました。

« 自殺予防のために必要な教育は道徳教育ではなく健康教育です(2)自殺の中1男子生徒「先生から高校行けなくなる」 | トップページ | 災害後の子どもの心のケア(9)第11回アジア災害トラウマ心理援助国際学術大会-中国・昆明-1報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自殺予防のために必要な教育は道徳教育ではなく健康教育です(2)自殺の中1男子生徒「先生から高校行けなくなる」 | トップページ | 災害後の子どもの心のケア(9)第11回アジア災害トラウマ心理援助国際学術大会-中国・昆明-1報 »