2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 公認心理師試験 問52 教育現場における開発的カウンセリング | トップページ | 公認心理師試験 問118学習成果を高めるための効果的な学習者の解釈 »

2018年9月17日 (月)

公認心理師試験 問95ストレスコーピング(2)コーピングのコスト

Cohen, Evans, Stokols,et al.(1986)を入手したので,コーピングのコストについて記載されている箇所を下記に転記してみた。

.

「コーピングが失敗したとき」という節のタイトルの中に記載されていた。嫌悪的出来事への対処の試みが失敗したときにおこる2次的効果があり、ストレッサーへの積極的なコーピングのコスト(a cost of actively coping with the stressor)として起こるか、コントロールできないという知覚か失敗それ自体のために起こるものである。

さらに、積極的コーピングのコスト(Costs of Active Coping)というサブタイトルの下に、蓄積疲労効果の記載がある。ただ、要約として、コーピングのコスト(Cost of Coping)が記載されている。

 

コーピングを続けているうちに疲労が蓄積することを、コーピングのコストという。

.

を正解とするなら、ストレッサーに対し積極的コーピングを続けているうちに疲労が蓄積することを、コーピングのコストという。 という記載にしてほしかった。

 

追記:2018920

もっと正確には、

ストレッサーへの積極的コーピングを続けているうちに蓄積疲労、覚醒レベル上昇による副次的影響、方略使用の過度の一般化が生じることを、コーピングのコストいう。

.

コーピングの結果は、二次的評価というプロセスによって、それ以降の状況の評価に影響を与える。

 

出題者が、を正解と考えたなら、なぜが不正解なのか解説がほしい。

 

.

追記:2018920

正しくは、コーピングの結果は、一次的評価と二次的評価とストレス反応へのコーピングというプロセスによって、それ以降の状況の評価(一次的評価・二次的評価)に影響を与える。

ではないだろうか。

.

京都コム二タスの正解は③のようですね。巷で、これで正解が確定した雰囲気になるのは好ましいことではないと思います。もちろん、コム二タスさんも「現時点での・・」と前置きをいれての正解の公表で、この問95の正解もずいぶん悩まれたのではとお察しいたします。受験者のデータ蓄積は、関連学会ではなしえないことですから、敬意を表したいと思います。受験産業にネガティブでしたが、国家資格の質の向上に寄与するかもしれないですね。

.

関連学会は、この問題についての見解を日本心理研修センターに申し入れてはどうだろうか。このことは、決して問題作成委員を批判する行為ではなく、心理学が学問として、より発展していくために必要な活動だと思う。コム二タスの5000人以上のデータをみると、よくできた問題だったということがわかりますよね。問題作成の苦労の跡がしのばれます。

  .

When Coping Fails

There are also secondary effects that occur when one's attempts to cope with an aversive event fail. These effects occur either as a cost of actively coping with the stressor or because of one's perception of uncontrollability and failure per se. They are separate from any primary effects that may occur as a result of being unable to cope with the demands of a specific stressor.

 

Costs of Active Coping. The cumulative fatigue effects and coping side effects discussed before in the context of the costs of successful coping are also potential effects of failure to cope. These effects would occur to the extent that there is a prolonged active and effortful attempt to cope. Clearly, cognitive fatigue, pathogenic effects of active coping, and the interference of coping processes with health maintenance should occur when one engages in prolonged effortful coping irrespective of whether the coping behavior is successful or not. In cases where the ineffectiveness

of coping attempts becomes immediately apparent and active coping is terminated, these mechanisms would not come into play. A form of overgeneralization may also be operative in situations where coping fails. Instead of overgeneralizing successful coping strategies, it is also possible to overgeneralize the expectation that coping is ineffective. This perspective has been developed in learned helplessness theory and is discussed in that context next.

 

Cost of Coping: Summary

As outlined here, it is clear that the process of active coping, whether successful or unsuccessful, can have a severe impact on one's health and behavior. Table 2 provides an outline of the secondary effects of coping discussed previously. In some cases this impact is initially mediated by physiological processes, whereas in other cases it is mediated by behavioral ones. Deleterious effects may occur when (a) one engages in effortful coping; (b) one persists in using a coping response in situations where the strategy is not adaptive; (c) coping responses have deleterious side effects; and (d) one perceives that his or her efforts to cope are fruitless. Data and theory on passivity in the face of a stressor allow only tentative

conclusions at this time.

« 公認心理師試験 問52 教育現場における開発的カウンセリング | トップページ | 公認心理師試験 問118学習成果を高めるための効果的な学習者の解釈 »

国家資格公認心理師法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 公認心理師試験 問52 教育現場における開発的カウンセリング | トップページ | 公認心理師試験 問118学習成果を高めるための効果的な学習者の解釈 »