2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 公認心理師試験 問95ストレスコーピング(2)コーピングのコスト | トップページ | 公認心理師の職能団体の行く末 »

2018年9月20日 (木)

公認心理師試験 問118学習成果を高めるための効果的な学習者の解釈

118 今後の学習成果を高めるために効果的な学習者の解釈として、最も適切なものを一つ選べ。

試験の点数が悪かったのは苦手な科目であるからだ。

試験の点数が悪かったのは問題がむつかしかったからだ。

試験の点数が悪かったのは努力が足りなかったからだ。

試験の点数が悪かったのは学習方法に問題があったからだ。

 

この問いの正解もわかれている。一昨日公表されたコム二タスはを正解としているが、ヒカリは異議をとなえている。

 

ワイナーの原因帰属理論にもとづき、「公認心理師・臨床心理士の勉強会」のブログは詳細な解説を試みているので一読してほしい。

 

成績、帰属理論などのキーワードで文献検索してみると

相川充・三島勝正・松本卓三(1985)原因帰属が学業試験の成績に及ぼす影響 教育心理学研究 33,195-204

がヒットする。

国語の場合,失敗の原因が試験期間中の努力不足にあると思うほど,また,失敗の原因は試験問題の困難度とは関係がないと思うほど,2回目の試験に対する期待が高まり,この期待が高いほど2回目の試験での得点も高いという結果であった。18p

数学の場合,失敗の原因は能力や試験の困難度とは関係がないと思うほど期待が上昇し,これに伴って2回目の試験結果も上昇していた。18p

 

しかし、この論文では、「学習の仕方」の要因は検討されていない。

そこで、キーワードに「学習方略」を追加して検索すると

吉田典史・戸田弘(2004) 小学生の学習方略と原因帰属及び学習意欲との関連 北海道教育大学紀要 教育科学編542):15-31

がヒットした。

失敗の努力帰属が児童の学習意欲を高めることにはならないというこれまでの報告を再確認するものであった。これに関して桜井(1989)は、失敗事態において努力しなかったという帰属が、努力すればできるという帰属につながっておらず、努力しても無駄であると思っているのではないか、また失敗事態を能力に帰属することが抑うつや絶望感につながるために、努力に帰属することで自己を防衛しているのではないかと考察している。ここから、失敗した児童に対する指導の在り方について、次の考察を行うことができる。失敗事態での努力帰属は失敗の能力帰属を防ぐためにも必要な帰属様式であるが、それだけでは学習意欲を低下させないという消極的な意味しかもたない。失敗事態を努力帰属させるとともに、具体的な努力の仕方(つまり、学習方略の使用方法)を教えることにより、「やればできる」という効力期待(杉浦,1996Bandura,1977)を高める必要がある。Pp.28-29

.

2018年9月20日午後5時50分追記:

アンダーラインは筆者がひいてます。

吉田・戸田(2004)の考察を引用したが、前の文章から引用したい。

.

本研究で最も注目したいのは失敗の努力帰属の効果であった。というのも、Weiner(1979) の原因帰属理論によれば、失敗事態での努力帰属は感情を介して達成行動をうながすとれさており、失敗した児童の学習意欲を高めるための指導方法に関する示唆を与えてくれると期待されたからである。結果は、失敗の努力帰属は学習方略の使用とも、いずれの学習意欲とも関連していなかった。この結果は、多くの先行研究(樋口・鎌原・大塚、1983;桜井,1995;伊藤,1996など)と一致したものであり、失敗の努力帰属が児童の学習意欲をたかめることにはならないというこれまでの報告を再確認するものであった

.

もっと文献をしらべてみないといけないが、コム二タスさんのではなくヒカリさんのが正解で、おそらくヒカリさんに軍配があがるのではないでしょうか。

.

筆者は、試験ストレスをさわやかに乗り越えるイメージトレーニングを中学校・高等学校で実践している。失敗をどう受けとめるか(心のつぶやき)は次の試験に向けての重要なコンポーネントである。だから、この問は非常に重要である。

« 公認心理師試験 問95ストレスコーピング(2)コーピングのコスト | トップページ | 公認心理師の職能団体の行く末 »

コメント

はじめまして。
「公認心理師・臨床心理士の勉強会」にて解説を書いている者です。

リンクを張って頂いた解説の作成後に、貴ブログを拝見しました。
吉田・戸田(2004)の引用など、大変勉強になりました。

進学校でSCをしていると、試験ストレスの相談も少なくありません。
失敗をどう受け止めるのか、本当に大切なテーマだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 公認心理師試験 問95ストレスコーピング(2)コーピングのコスト | トップページ | 公認心理師の職能団体の行く末 »