2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 災害後の子どもの心のケア(5)平成30年7月豪雨:県外からの子どもサポート | トップページ | 特別の教科 道徳ではいじめ防止にはならない »

2018年7月27日 (金)

災害後の子どもの心のケアー平成30年7月豪雨(6)広島県こども支援チーム

広島県は広島県こども支援チームを結成し、各地で研修会を予定しているようです。

■経緯
 平成22年7月の庄原豪雨災害時に,子供の心のケアに特化した専門家チームの必要性が提唱されて結成。平成26年8月の広島市豪雨災害で2回目の活動。平成30年7月豪雨災害により3回目の活動開始。

■チーム構成
 児童精神科医,小児科医,臨床心理士,児童心理司(児相),事務職員等
■活動内容
 ・避難所等での子供等との面接及び支援方法の決定
 ・子供の支援者(保育士,教職員,保健師,スクールカウンセラー等)への研修 等
■活動期間
 PTSD(心的外傷後ストレス障害)への対応も考慮し,発災後,おおむね1年間を目途に継続的に活動
こども家庭課
.
このように県のレベルで子どもの支援チームを作ることは、支援者の共通理解をはかり、統一したプログラムを展開していくうえで、とても重要だと思います。
.
危機対応の教訓を日本リスク研究会(リスクミレニアムプロジェクト文部科学省ミレニアムプロジェクト )がとりまとめています。

教訓1:ウソをつかない

教訓2:スポークスマンは1人に(ワンボイスの原則)

教訓3:経営トップの参画を印象づける

教訓4:情報はできるだけ素早く,多く開示

教訓5:メッセージはわかりやすく

教訓6:マスコミを敵に回すな

.
私は、これまでの災害後の心理支援の経験から、「チームの編成」が重要だと考え
危機対応の4原則として提案しています。

.

1、教育長(文科大臣)・担当課長・担当課リーダーシップ

2、チーム編成(平時から) 

3、良いプログラム(時期に応じた心の授業・統一したストレスチェックリスト(健康観察チェック)・個別相談体制・重層的システム(担任-養護教諭-スクールカウンセラー-SCスーパーバイザー-チーム○○):長期支援を見据え)

4、情報公開マスコミを敵に回すな、個人情報保護との葛藤)

.
長期支援が必要ですので、学校でおこなう支援プログラムの作成もチームで行うといいですね。

« 災害後の子どもの心のケア(5)平成30年7月豪雨:県外からの子どもサポート | トップページ | 特別の教科 道徳ではいじめ防止にはならない »

心のケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 災害後の子どもの心のケア(5)平成30年7月豪雨:県外からの子どもサポート | トップページ | 特別の教科 道徳ではいじめ防止にはならない »