2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 公認心理師について(27)養成システムについて | トップページ | 2017年度安全セミナー「防災・減災~心理支援と防災教育から」(1) »

2017年5月15日 (月)

災害後の子どもの心のケア(5)被災地出身の若手臨床心理士の集い

岩手に月に1回(3日間)訪問を続けています。
東日本大震災当時0才の子どもさんが今小学1年生です。
保育園・幼稚園の年長さんが、中学1年生です。
当時、高校2年生は、高校後すぐ就職した人は5年仕事をしていたり、進学した人は大学を卒業して1年か、大学院学生でしょうか?
岩手沿岸部には、全国から1年契約で、臨床心理士がスクールカウンセラーとして活動しています。この震災は、10年、20年と長期に渡って、支援が必要です。
被災地出身の当時高校生や大学生が、臨床心理士を取得して、スクールカウンセラーになって、被災地の子どもたちの支援をしてみませんか?
日本心理臨床学会大会などで、「被災地出身の若手臨床心理士の集い」を企画してもいいかもしれませんね。

« 公認心理師について(27)養成システムについて | トップページ | 2017年度安全セミナー「防災・減災~心理支援と防災教育から」(1) »

心のケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/65282735

この記事へのトラックバック一覧です: 災害後の子どもの心のケア(5)被災地出身の若手臨床心理士の集い:

« 公認心理師について(27)養成システムについて | トップページ | 2017年度安全セミナー「防災・減災~心理支援と防災教育から」(1) »