2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 那須雪崩と心のケア | トップページ | 那須雪崩と心のケア(3)なぜ心のサポートチームが必要か »

2017年3月30日 (木)

那須雪崩と心のケア(2)心のサポートチームの結成を!

NHKニュースによると、高校で全校集会が開かれ
また、スクールカウンセラーの男性が
▽事故のことを考えすぎないようにすることや
▽ストレスや不安を感じたらすぐに担任の教員に相談することなどを
呼びかけたということです。
(NHK2017・2・29 12:03)
 
と報道されています。記者さんが直接集会に立ち会ったのではなく、参加した生徒さんらからの取材での記事ですから、このメッセージが実際どうであったかはわかりません。
もし、私がこの立場であったら、なんとメッセージを送るか考えてみました。
 
□ねむれない、ずっと考えてしまう、心が(マヒして)何も感じられない、など心とからだにさまざまな変化があらわれます。それは、この出来事を心とからだが懸命に受けとめようとしている証であり、だれにでも起こる反応です。
 
□この出来事に向き合うときと、日常の生活(勉強・部活など)を送ることを、きりわけていきます。
 
向き合うこととして、
・突然、亡くなった友に、今まで出会って感じてきたこと思ったことのメッセージを手向けるのもいいでしょう。(ことばにするには、時が必要な人もいるかもしれません)。
 
わが子を亡くしたお父様が、お子さんの携帯のLINEにたくさんの書き込みがされているのをみて、「あーこんなにたくさんの友だちがいたんだ・・・」と涙ぐんでおられたのが放映されていました。ご家族が知らなかった子どもさんのこと、たくさん伝えてあげてください。
 
日常生活をしっかり送るために、
・水分をとる、糖分をとる、食欲がなくても、からだに栄養を送ってあげてください。ねむれなくても、よこになってからだを休めてあげてください。少しずつ、日常生活を取り戻していきます。
 
ストレス障害のリスク要因は、強い回避と自責感です。
「考えないようにしよう」と努力しても、考えてしまう出来事なのです。もし、夜眠ろうとしたとき、いろんなことが頭に浮かんで考えてしまうことがあれば、「『考えないようにしよう』ではなく、『そのことはとても大切なこと、しっかり考えよう。でも、今は、からだを休めて眠りにつこう』、額に力をいれてふわーっとぬこう」と。
 
また、ある報道では、4時間後に救出された生徒さんもおられたようです。まずは体の治療でしょうが、これは過酷なトラウマ体験です。マヒして思い出せないかもしれません。そして、悪夢やなにかのきっかけ(トリガー)で、その体験がありありと思いだされて苦しくなることがあります。でも、そのときは、やっと、あの記憶を受けとめる心の準備ができてきたんだ、それは回復の道のりなのだ、と思うのもいいでしょう。経験したことを思いだして、いずれ、書き綴ることは、雪崩に巻き込まれたときどうすればいいかを学ぶ大切な手がかりになるでしょう。しかし、それは、とても苦しく長い道のりかもしれません。立ち会う人の応援が必要になります。
 
大切なお子さまを亡くされたご家族、そして、友だち・教職員、全ての方に、強い悲嘆反応とトラウマ反応がみられるでしょう。
 
 
県教委は、原因究明と再発防止のための第三者検証委員会を設置すると報道されています。
 
県教育委員会は29日、原因究明と再発防止のための第三者検証委員会を設置することを明らかにした。学識経験者ら約15人で構成し、4月上旬にも第1回会合を開く。(日本経済新聞、2017年3月30日0:30)
 
ラッセル訓練を指揮した教師の会見が報道されています。
 
登山を中止しながら、雪をかき分けて進む「ラッセル」訓練を実施した責任を問われると「委員長は私」としつつ、ベテラン教諭2人と電話で相談して決めたことを強調。数年前にも同じ場所でラッセル訓練をしたことがあったといい「とにかく生徒たちに雪に触れさせたかった」と話した。(産経ニュース、2017年3月30日 0:13発)
 
 当事者が、時系列で、行動・考えをあきらかにすること、その作業はつらく苦しいでしょう。二度とこのような悲しいことが起きないようにするための大切な情報になります。ですから、第三者検証委員会の設置は必要でしょう。
 
 そして、もう一つ必要なことがあります。それは、<心のサポートチーム(心のケアチーム)>の設置です。教育関係者(臨床心理士資格などをもった指導主事)、スクールカウンセラー、精神科医などでチームを作る必要があります。学校で生徒や保護者にどのようなメッセージを送り、どのように心のケアをしていくのか、チームをつくり、今考えられるベストのサポートプログラムを作り、支援していきます。
 
スクールカウンセラー派遣がニュースで流れています。
 
4校にスクールカウンセラー派遣(毎日新聞
スクールカウンセラーが応援・支援するにしても、必ず、チームを結成しておく必要があります。それも、長期的に支援するチームです。

« 那須雪崩と心のケア | トップページ | 那須雪崩と心のケア(3)なぜ心のサポートチームが必要か »

心のケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/65085779

この記事へのトラックバック一覧です: 那須雪崩と心のケア(2)心のサポートチームの結成を!:

« 那須雪崩と心のケア | トップページ | 那須雪崩と心のケア(3)なぜ心のサポートチームが必要か »