2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月22日 (水)

公認心理師について(23)実務経験2-3年、この怒りをどう表現するか?

公認心理師カリキュラム試案が提出されました。
驚きは、
実務経験
 
3. 期間について
・実務経験プログラムを持つ施設において2~3年の実務経験
どこから、2年~がでてきたのか。
WGの議事録をみても、どこにもこの発言はなかったのに、「2年~」
 
いや、医療関係の委員は「2年」を主張していました。しかし、議論のなかで、座長が「3年」を提案して、それに対して、激しい異議がでなかったのでは?直に、WG委員会に立ち会ったひと補足願います。
 
「これ、公の会議以外で、大きな力が動いているしか、考えられない。
これを許していると、公認心理師資格の未来は危ういですよ。
公認心理師養成の7条の1より2で受験するものが増えていき、大学院教育は崩壊するかも。〇法試験の二の舞になる。・・・」と心の中で激しくつぶやく。
 

2017年2月16日 (木)

自殺予防のために必要なのは、道徳教育ではなく、健康教育です。

の記事を読んで、「誕生学」なるプログラムの危うさが、少し理解できた。
 
松本先生のこの記事のなかでの「自殺予防のために必要なのは、道徳教育ではなく、健康教育です。」という一文に、日本の現状を憂う。
 
というのは、健康教育の時間が学校教育ではほとんど確保されていないからです。「保健体育」の保健に、健康教育が位置づけられていますが、「心の健康」に関して言えば、小学校5・6年の保健体育の教科書に3時間分がおさめられているのみです。
 
道徳が特別の教科になって、体験的な学習や問題解決型学習を取り入れるようになったものの、やはり「道徳教育」という枠のなかでのこと。
 
今度の学習指導要領の改訂には、「健康教育」の拡大はみえてこない。
 
道徳の時間、35コマのうち、15コマを心の健康教育の時間にするといった改革を次の学習指導要領の改訂で実現してほしい。
そのためには、松本先生のような有識者を教育改革の会議のメンバーにして、大改革をおこなわなければ、いじめ・自殺を抑止することはできないのではないか。
中国では、2003年に、道徳とは別に、心理健康教育が科目として打ち立てられている。
中国にできて日本にできないことはない。

2017年2月 5日 (日)

災害・紛争後の子どもの心のケア(13)台風10号から5ヶ月スクールカウンセラーと教師の協働

岩手めんこいテレビが、東日本大震災、台風10号の被災小学校での教師とスクールカウンセラーの連携について取材したものがFNNニュースに掲載されています。
http://www.fnn-news.com/localtime/iwate/detail.html?id=FNNL00046318
掲載の期間は限定でしょうから、はやめにアクセスして、ご覧ください。
やはり地元のメディアは、息長く取材を続けていますね。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »