2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 公認心理師法について(20)12月22日ワーキング傍聴者からの貴重な情報 | トップページ | 公認心理師について(22)教育新聞-SCとしての配置も検討 »

2016年12月30日 (金)

公認心理師法について(21)第2回WG議事録から、「学内実習」について

20161116日、第2回公認心理師カリキュラム等検討会ワーキングチームの議事録が公開されています。各団体からのカリキュラム等のプレゼンが行われた会議の討議内容はわが国のこれからの心理専門職養成の歴史的なページとして後世に語り継いでいきたいですね。各団体のプレゼンティターの方々のご尽力に感謝いたします。私は某学会のカリキュラム委員長を2年でしたが務めましたので、この議論に大変注目しております。「知識と技能」「実習・演習」といった議論が展開されています。

  わが国の医学教育の第一人者の北村先生が座長を務められていることが、なにより本質的な議論を展開できている最大の要因だと議事録を読みながら思います。

そこで、今回は、北村先生のご発言を受けて、私の大学・大学院で行われている臨床心理実習を少し紹介させていただきたいと思いました。

 

〇北村座長

次に、内容と施設を一緒に考えますが、学内施設というのはそんなに有用でしょうか。

というのは、私自身が知らなくて、この前勉強したのですね。大学院 1 種はみんな持っていると聞いたのですが、もちろんどの電車に乗っても広告にも書いていませんし、誰かが言ったという話も余り聞いていなくて、そんなにクライアントが来て 1 学年 30 人や 50 人いらっしゃる人が、十分経験できる量があるのかなと。

 

〇北村座長

もう 1 つは、患者のバイアスなのです。多くの人が、仕事は医療分野にいらっしゃっていて、大学院の中では学内でやっていると、学内の人は普通の人ですよね。その人が国家資格を取ったら、次の日に急に精神病院へ行ったと。そうすると、生まれて初めて精神科の患者のカウンセリングになってしまったというのもまずい。あるいは、子供に会ったことがない、定員のまま公認心理師の国家資格が受けられるでは、まずいかなと。

 

私の大学院の心理臨床実習施設は、大都市と小都市にそれぞれ1つずつ設置されています。それは夜間大学院を開設したために大都市の某新聞社のビルの3階をほぼ貸し切り講義室・演習室・図書室を整備しています。そして、臨床心理相談室には、大プレイルーム、観察室、小プレイルーム、面接室2室、箱庭ができる面接室1室、カンファレンスルームを整備しています。本学の教員の専門性は、発達障害、トラウマ、認知行動療法、行動分析、家族療法、精神分析的療法、動作療法、EMDRと多岐にわたっています。もちろん、精神科医で臨床心理士の教員もいます。

相談ケースは、精神科クリニックからの紹介が多く、うつ、PTSDなど医療機関と連携をとりながらすすめているケースが大変多いです。精神科クリニックから、「カウンセリングをお願いしたい」、「認知行動療法をお願いしたい」と、依頼がきます。また、発達臨床が専門の教員が多いため、発達に関する相談依頼も大変多く、教員がスーパーバイズしながら大学院生が担当するため、すぐにウエイティングをお願いしないといけない状況になります。

「学内(施設)の人は普通の人」とはどのような方をイメージされているかわかりませんが、うつで休職中、被害にあってPTSDで苦しんでいる、そういう方を大学院生と教員スタッフで担当しています。医療機関には臨床心理士がいないので、本学の相談室に依頼があるわけです。150分~60分で、2000円+消費税ですから、11万円が相場のカウンセリングに比べるとはるかに安価になります。また、不登校の相談も多く、また、大人の発達障害の方からの相談も多いです。もちろん、電車に広告は載せていません。ホームページがあるぐらいです。それでも、すぐにウエイティングをかけないといけない状況です。

各面接セッション後は担当者は逐語記録を作成し、毎回スーパーバイズを受けます。また、毎回のスーパーバイズとは別に、M2では、一人で4回以上担当したケースをまとめ、3名の教員のスーパーバイズのもと本コースの大学院生参加の事例検討会があります。その発表を最低2回しなければ、臨床心理実習の単位の認定はされません。

 私の経験では、ケースを担当することで、大学院生は確実に力をつけていきます。もちろん、医療機関での実習、学校や養護施設などでの実習も必須にしなければならないと思います。

« 公認心理師法について(20)12月22日ワーキング傍聴者からの貴重な情報 | トップページ | 公認心理師について(22)教育新聞-SCとしての配置も検討 »

国家資格公認心理師法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/64695044

この記事へのトラックバック一覧です: 公認心理師法について(21)第2回WG議事録から、「学内実習」について:

« 公認心理師法について(20)12月22日ワーキング傍聴者からの貴重な情報 | トップページ | 公認心理師について(22)教育新聞-SCとしての配置も検討 »