2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 熊本地震と心のケア(40) 低学年の児童のための防災と心のケアリーフレット | トップページ | 熊本地震と心のケア(42)低学年児童へのくまモン心のサポート授業 »

2016年6月18日 (土)

熊本地震と心のケア(41)トラウマアンケートの活用について

「今この時期トラウマアンケートはやるべきでない」と5月22日に発信しました。地震からほぼ1ヶ月の時期でしたが、強い余震が続く状況でしたので、そのように書きました。
しかし、被災状況にさまざまに違いがあることから、トラウマアンケートを活用しながら、心理教育とストレスマネジメント、防災を取り入れた授業(活動)を展開する時期になりつつあると思うようになりました。
大切なことは、トラウマにふれるのは、少しずつ、段階的に、かつ、その反応の意味をわかりやすく伝え、対処する方法があることをしっかり伝えること、対処する方法を体験のレベルで伝えることだと思います。
ちなみに、少しずつふれるというのは、トラウマアンケートの項目内容でも、そのことがあります。再体験反応の例をあげてみます。
 
3他のことをしていても、思わずそのことを考えていることがある.(IES-r) 
 
3B1 思いだしたくないときに、いやなことをふいに思いだしたり、そのときの場面や音が、勝手に心にうかんできたりする。(UCLA-PTSDindex)
 
7 つらいこと、ショックなことが頭からはなれない(PTSR-ed24)
 
「そのこと」「そのとき」「つらいこと」などですが、「そのこと」「そのとき」は、まさに、トラウマ体験(ストレッサー)に関する用語です。一方、「つらいこと」は、つらいは、ストレス反応を指しますので、ストレッサーよりストレス反応にウエイトがおかれ、侵襲性は低くなります。
 
「つらかった」とすると、過去形になり、より侵襲性が低くなるかもしれません。
 
このような用語を工夫しながら、その反応の意味と対処の仕方があることを、クラスワイドで、ないし、個人カウンセリングで、一方的な情報提供ではなく、やりとりのあるなかでの情報提供ができていくと、安心感につながっていくと思います。
 
そして、より詳しい、心とからだの変化を自らが知り、対処を考える活動(授業)へと展開していくのがいいのではないでしょうか。

« 熊本地震と心のケア(40) 低学年の児童のための防災と心のケアリーフレット | トップページ | 熊本地震と心のケア(42)低学年児童へのくまモン心のサポート授業 »

心のケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/63794220

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震と心のケア(41)トラウマアンケートの活用について:

« 熊本地震と心のケア(40) 低学年の児童のための防災と心のケアリーフレット | トップページ | 熊本地震と心のケア(42)低学年児童へのくまモン心のサポート授業 »