2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 熊本地震と心のケア(37)子どもの心のケアチーム発足(別府市教育委員会) | トップページ | 熊本地震と心のケア(39)あさイチ 熊本地震2ヶ月 心のケア »

2016年6月12日 (日)

熊本地震と心のケア(38)日赤こころのケアチーム NHK NEXT

NEXT 未来のために 熊本地震2か月「密着 日赤こころのケアチーム」

NHK総合2016年6月11日17時30分から18時に、日本赤十字社のこころのケアチームの活動が紹介されました。 

日赤チームは看護師と臨床心理士などでチームをつくり、被災された方を支援してこられました。この番組では、日赤こころのケアチームがハンドマッサージやマッサージなど、被災者のニーズに応じた支援をしていること、被災された自治体職員の方へのサポートが感動的に描かれていました。被災された方の許可をとり地味な取材をされてこられた報道関係者のみなさん、そして、日赤こころのケアチームのみなさん、お疲れ様でした。

 ひとつ気になったのが、マンションに転居する方の不安には、お話をお聴きするというスタンスだけでは十分ではないと思いました。

 これは防災の智恵が必要ではないでしょうか。ほかのメディアでの専門家のコメントでも、トラウマ体験を安心できる場で表現し整理することが必要といった コメントを読みます。益城町など震度7を2度経験した方の恐怖は、「またあんなことがあったらどうしよう」ということではないでしょうか。過去の恐怖、トラウマというより、ないしは、そのトラウマとともに、今度、またあんなことがあったらどうしようという不安と恐怖ではないでしょうか。

 その恐怖には、具体的な余震への備えの対処を確認していくこと、そして地震のときにどう対処するかを明確化していくことといった 防災行動 が大切だと思います。ですから、防災行動と心のケアの両輪が必要だと思うんです。

 

« 熊本地震と心のケア(37)子どもの心のケアチーム発足(別府市教育委員会) | トップページ | 熊本地震と心のケア(39)あさイチ 熊本地震2ヶ月 心のケア »

心のケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/63767283

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震と心のケア(38)日赤こころのケアチーム NHK NEXT:

« 熊本地震と心のケア(37)子どもの心のケアチーム発足(別府市教育委員会) | トップページ | 熊本地震と心のケア(39)あさイチ 熊本地震2ヶ月 心のケア »