2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 熊本地震と心のケア(18)”地震がこわいよー”と子どもがいったら? | トップページ | 熊本地震と心のケア(20)避難所の子どもたち-新聞記事より »

2016年5月 4日 (水)

熊本地震と心のケア(19)”地震”という言葉と”地震体験を聞く”ことを区別しよう!

”地震”という言葉は、決して、人の命を奪いません。言葉は安全です。
 
でも、”地震”という言葉は、トリガー(きっかけ刺激)になって、”こわかった地震のときの体験を思い出させます”。
この時期、話したくないのに、地震のときの体験を語らせようとしたり、絵に描かせようとすることは適切ではありません。
 
しかし、”地震があったら、ここは安全か判断して、適切な行動をとることをすすめたり練習することは大切です”。(問題に立ち向かう対処、ストレッサーへの対処)
<避難訓練のときに、こわかったことを思い出すかもしれないけど、それはとても自然なことだよ、でも、練習は安全だから、ドキドキは小さくなるよ。>(気持ちについての対処、ストレス反応への対処)と言ってほしいと思います。
ストレッサー(地震や余震)への対処をきちんと身につけること、これが、地震後の問題に立ち向かう対処です。
安全感がもてないときに、どんなに楽しい活動をしても、心から楽しめません。
心のケアというと、ストレス反応にのみの対処をイメージしてしまうから、「心のケアに違和感」といった発言が起こるのです。
 
正確には、「災害後のストレス対処」です。問題に立ち向かう対処(防災)と心とからだへの対処(心のケア)の両輪で、この困難を乗り切りましょう!
 
ストレッサーへの対処が重要なことは、「もうすぐ試験(ストレッサー)があるけど、心配、落ち着かない、イライラする(ストレス反応)」と子どもがいったら、<おもいっきり遊んで楽しめば、心配はどこかにいっちゃうよ>(ストレス反応への対処)とはいわないですよね。
 
<そうだね、わからない問題があったら、解けるように勉強しよう!>(ストレッサーへの対処)といいますよね。
 
でも、一杯勉強したけど、本番でかちこちになって、力が発揮できなかったら、悔しいよね、それで、落ちつくためのリラックス法(ストレス反応への対処)を身につけておくといいよ。
 
これと同じです。
 
防災(ストレッサーへの対処)と心のケア(ストレス反応への対処)の両輪で、このいまだかってない余震が続く地震に対処しましょう!

« 熊本地震と心のケア(18)”地震がこわいよー”と子どもがいったら? | トップページ | 熊本地震と心のケア(20)避難所の子どもたち-新聞記事より »

心のケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/63577529

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震と心のケア(19)”地震”という言葉と”地震体験を聞く”ことを区別しよう!:

« 熊本地震と心のケア(18)”地震がこわいよー”と子どもがいったら? | トップページ | 熊本地震と心のケア(20)避難所の子どもたち-新聞記事より »