2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 熊本地震と心のケア(21)防災教育による3つの安心感 | トップページ | 熊本地震と心のケア(23)昨夜のNHKニュースを授業で使いました »

2016年5月 5日 (木)

熊本地震と心のケア(22)NHKは心のケアの歴史を学んでほしい

今日のNHK7時と9時のニュースで、NHKスタッフが心のケアの歴史を学んでおらず発信していることに危惧しています。
問題はこの部分です。
今のどきどきした気持ちをしっかり抑えていくには、あえてあの日のことをみんなで、家族のなかで語り合うこと。あの日のことをしっかり語って整理をつけていかないといけない」と話しています。
「あの日のことをしっかり語って整理をつけて」というのは、1995年当時推奨されたディブリーフィングの考えではないでしょうか?
 
最も大切なのは、「今度地震があったらどうやって命を守るかを話しあう」ことです。
ニュースで登場した女の子が、夜「タンスの横で寝るのはこわいので、車でねる」ということをいってました。この女の子はまったく正しい選択をしています。問題は、今度地震があったとき、タンスや周りのものが倒れて、命を脅かされない環境を親子でいっしょに考え作ることであり、過去のあのときの事のみを語っても不安は軽減しないでしょ。
今度は親子で防災の備えをしましょう!
そのメッセージをNHKが送らないというのはどういうことでしょうか。

« 熊本地震と心のケア(21)防災教育による3つの安心感 | トップページ | 熊本地震と心のケア(23)昨夜のNHKニュースを授業で使いました »

心のケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/63586040

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震と心のケア(22)NHKは心のケアの歴史を学んでほしい:

« 熊本地震と心のケア(21)防災教育による3つの安心感 | トップページ | 熊本地震と心のケア(23)昨夜のNHKニュースを授業で使いました »