2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 公認心理師法について(8)参議院文教科学委員会全会一致で可決 | トップページ | 日本心理臨床学会第34回大会を終えて »

2015年9月13日 (日)

Educational and Psychosocial Support after Nepal earthquake (1)

Educational and Psychosocial Support after Nepal earthquake (1)

ネパール地震後の教育・心理社会的支援(1)

   We visited a school in Nepal on 11th September 2015.The trip took 3 hours and a half by a car from Katmandu city center. I had a lecture about educational and psychosocial support after the Nepal earthquake. 38 principals from stricken area have participated. They told us: “Many children live in a tent, they are afraid of sounds or tremors and they don’t want to study after the earthquake”. For disaster prevention education, a teacher said: “ When we felt the shake of an earthquake, we have taught the children that they should to take refuge under their desk. However, this was a mistake. The earthquake happened on a Saturday. If the earthquake had occurred on a weekday, possibly children would have fallen victims of the collapsed school building”.

 

  The purpose of this visit is to explore the possibility of the long-term support project by the specialists of Nepal and Japan.

 

私たちは2015911日に、カトマンズから車で3時間半かけて、被災地のある学校を訪問しました。私は、その地域の38名の校長先生に、「ネパール地震後の教育・心理社会的支援」というタイトルで研修を行いました。先生方は、「おおくの子どもたちがテント生活をしており、ちょっとした音を怖がり、勉強への意欲が低下しています」と話してくれました。またある先生は「地震の揺れを感じたら、机の下に避難しなさいと指導してきましたが、それは間違いでした。地震は土曜日に起こったのですが、もしウイークエンドだったら、子どもたちは倒壊した校舎の犠牲になっていたかもしれません」と話してくれました。

 

 今回の訪問の目的は、ネパールと日本の専門家による長期支援の可能性を探ることです。

 

 We have been engaged in the Mental Health and Psychosocial Support Project by JICA and All-China Women’s Federation after Sichuan earthquake in 2008 for five years. I quote the report of the Ministry of Foreign Affairs.

 

 私たちは2008年の四川大地震後にJICA(日本国際援助機構)と中国全国婦女連合会による精神保健と心理社会的支援プロジェクトに従事してきました。外務省のホームページの記事を引用します。

 

JICA has carried out diverse reconstruction support activities since the Great Sichuan Earthquake. Among the efforts, the Mental Health and Psychosocial Support Project for the Sichuan Earthquake has been implemented from 2009 to 2014. JICA has been working to establish systems that enable appropriate and continuous psychological support rooted in the communities in five model sites together with the All-China Women's Federation, which provides educational, welfare and other assistance to women, children and elderly people.

 

JICAは四川大震災の後に、様々な支援活動を行っている。その一つが、2009年から2014年まで実施される「四川大地震復興支援こころのケア人材育成プロジェクト」(以下、「心のケアプロジェクト」)だ。JICAは、女性、児童、高齢者への支援を教育や福祉などの分野で支援を行っている非営利組織「中華全国婦女連合会」をカウンターパートに、5つのモデルサイトで、地域に根ざした適切かつ持続的な心のケアを可能とするシステムの構築を進めている。
http://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/html/201303/201303_05.html

 

By the way, I found the following website saying: Psychologists stay home: Nepal doesn't need you”.

 

http://www.irinnews.org/report/101476/psychologists-stay-home-nepal-doesn-t-need-you

 

This website shows the similarity and the difference between our approach and Western approach.

 

ところで、「心理学者は家にいます:ネパールは心理学者を必要としていません」という記事をみつけました。この記事は私たちのアプローチと西欧のアプローチの共通性と相違性を示しています。私は記事を引用し、コメントします。

 

>I am reluctant to medicalise suffering in the aftermath of a natural disaster: symptoms of distress are a normal reaction to an abnormal situation and labelling does not help at an early stage.

 

私は自然災害の余波の中で 苦しんでいる人たちに医学的処置をすることには気が進みません:苦脳の症状は異常な状況での正常な反応です、早い段階での医学的なラベル付けは役に立ちません。

 

 I agree with this opinion except “symptoms”. I distinguish “symptoms” and “trauma reactions”.

 

私は“症状”を除いてこの意見に賛同します。私は症状とトラウマ反応を区別しています。

 

>Of course, after a disaster strikes, everyone is in distress.

 

But that doesn’t mean everybody needs to see a mental health practitioner.

 

もちろん、大惨事が襲った後、皆が苦悩しています。けれどもそれは皆が精神保健の実践家に会う必要があることを意味しません。

 

I agree with the opinion that victims in the acute phase (for three months after disaster) don’t need counseling from the mental health practitioner. But I don’t stay at home. I advise that the board of education in stricken area makes the prolonged supporting system of five years and ten years for children. Then, we tell teachers how the children affected disaster should cope with their traumatic stress reactions and daily stress reactions.

 

急性期(災害後3か月)には、カウンセリングのみによる精神保健の実践家は被災者にとって不要であるとの意見には賛同します。しかし、私は家には居ません。私は被災県の教育委員会に、5年、10年に渡る子どもたちへの長期の支援システムを作るように助言します。そして、私たちは教師に、子どもが自分のトラウマ反応やストレス反応にどのように対処したらよいかを伝えます。

 

Yet, we know from research that in the aftermath of a natural disaster psychologists armed with “talking therapies” have little to contribute:survivors need to go through the natural grief process and the vast majority will not develop post-traumatic stress disorder (PTSD), nor any other psychological disorder.

それでも、私たちは自然災害の余波の中で「話す療法」を心理学者が提供してもそれはほとんど貢献しないということを知っています。生存者は自然の悲嘆プロセスをくぐりぬける必要があります、そして圧倒的多数は心的外傷後ストレス障害(PSTD)を起こさないでしょう、そして他のいかなる精神的疾患でも同様です。

>I'll say it anyway: please let's not rush in with well-meaning psychosocial programmes.

Especially, let us avoid flooding Nepal with Western-style “talking therapies” delivered via translators.

どうか善意ある心理社会的なプログラムで急に現れないようにと私は言いたい。特に、ネパールでは、通訳を介した西洋スタイルの「話す療法」で溢れさせるのを避けましょう。

 

This “talking therapies” may mean “psychological debriefing”. After Kobe earthquake in 1995, U.S. team recommended psychological debriefing Mitchell,1983). But, I did not do “Debriefing”. I believe it is important to recover a feeling of safety and sense of security rather than letting feelings out. We proposed victims in the shelter the Relax-"Dohsa-hou" originally developed in Japan. Ten or more victims tried to relax with “Dohsa-hou” each time we had a workshop. They gave us many affirmative comments, for example, "I feel refreshed." "I could sleep very well.

 

この話す療法は心理的ディブリーフィングを意味しているのかもしれません。1995年の阪神淡路大震災の後、アメリカチームは心理学的ディブリーフィングを推奨し来日しました。しかし、私はディブリーフィングをしなかった。感情を吐き出すことより安全・安心感を取り戻すことが重要だと考えました。それで、日本で開発されたリラックス“動作法”を避難所にいる被災者に提案しました。毎回10人以上の被災者が訪れ、「すっきりした」「よく眠れるようになった」と肯定的な感想を述べてくれました。

 

I am visiting together with members of NEDO (Nepal Educational Development Organization). NEDO aims to help Nepalese disadvantaged children to attend the school by financial supporting program. NEDO Japan is headed by its founding director Professor Dr. Manoj Shrestha. NEDO’s executive committee consisting several directors take responsibility for their projects.

http://www.nepaledo.org/about_us.php

 

私はこのネパールにNEDO(ネパール教育開発機構)のメンバーといっしょに来ています。

ネパール教育開発機構(NEDO)は、ネパールの恵まれない子どもたちは、金融支援プログラムにより、学校に出席するために役立つことを目指しています。NEDO、日本は、その創設者・マノジョ・シュレスタ教授が率いています。いくつかの取締役からなるNEDOの実行委員会は、プロジェクトの責任を取ります。

Today (12th September 2015), two youths who have received support of the scholarship of NEDO guided us Swayambhu temple in which some buildings collapsed in the earthquake. They also lost their own house in the earthquake. They were wise, kind and calm. They told me that they were meditating daily.

The thing which I would like to tell to Western specialists is the next:

Please do not apply your theory and method for pyschological support after disaster to the people of a stricken area.

First, please listen to the method of stress management of the people of Asia.

Please think of how to overcome difficulty, together.

 

今日(2015912日)、NEDOの奨学金を受けてきた2人の青年が私たちを地震で一部寺院の建物が倒壊したSwayambhu寺院を案内してくれました。彼らは賢く、親切で、落ち着いていました。彼らは日常的に瞑想をしていると私に教えてくれました。

西欧の専門家に伝えたいことは、次のことです。

 被災地にあなたがたの理論と方法をそのまま当てはめないでください。

 まず、被災地の人々のストレスマネジメント法に耳を傾けてください。

 どうぞ、困難を乗り越えるための方法をいっしょに考えてください。

 

I agree this opinion: the vast majority will not develop post-traumatic stress disorder (PTSD).But, I disagree “ nor any other psychological disorder”.

 This estimates the rate of stress related disorders too much low. The disaster gives three stressors to a person at the same time. There are traumatic stressor, loss stressor, and daily life stressor. Daily life stressor as like parents' economic matters and a quarrel causes children stress-related disorders. The educational and psychosocial support after a disaster needs for children affected by the disaster for 10 years or 20 years.

 

私は大部分の人がPTSDにならないという意見には賛成です。しかし、他の心理的障害もみられない という意見には賛成できません。これは、ストレス関連障害の率をあまりに低く見積もっています。災害は3つのストレッサー、トラウマストレッサー・喪失ストレッサー・日常生活ストレッサーを同時にもたらします。両親の経済問題やケンカなどの日常生活ストレッサーが子どもにストレス関連障害を引き起こしていきます。災害後の教育・心理社会的支援が10年、20年を視野に入れて被災した子どもには必要です。

 

Mostly what needs to be encouraged is "humane, supportive and practical help to fellow human beings suffering serious crisis events" as prescribed by the principles of Psychological First Aid (PFA).

最も推奨されるべきは、心理的応急法(PFA)の原理に規定されているように、「重大な危機的出来事を経験した人への人道的な、支持的な、実務的な手助け」です。

I agree with this opinion in acute phase. PFA is correct guideline for acute phase. For a disaster victim, safety is the most necessary experience. But, PFA did not write about disaster prevention education after a disaster. I visited the school together with the specialist of architecture. The earthquakes don't kill people, houses collapsed by it do. You have to change the method of refuge with earthquake resistance of a building. 

The survivors trend to avoid soon the word "earthquake" after feeling safety.  But, strong avoidance is a risk pf stress related disorders. The key components of our educational and psychosocial support are offering safety and comfort to the victims, helping them create bonds with other people, and providing expression and challenge. Safety and comfort have 1,Safety 2,Psycho-education about Stress and Trauma 3,Stress management as like relaxation. Expression has 4,Self Check about Stress and Trauma 5,Expressing Life Experience 6,Expressing Traumatic Experience. Challenge has 6,Expressing Traumatic Experience,7,In Vivo Exposure,8,Mourning Process. Bonding is necessary to all components. Although they are not safe, forcing them expression and challenge gives them a secondary traumatization.

 

急性期のこの意見には賛成です。PFAは急性期のガイドラインとしては正しいです。被災者にとって、まずは安全が必要な体験です。しかし、PFAには災害後の防災教育についての記載がありません。私は、その学校に、建築家といっしょに訪問しました。地震が人の命を奪うのではなく、地震によって倒壊した家が命を奪うのです。建物の耐震性に応じて避難の方法を変えなければなりません。

また生存者はまもなく安全を感じられるようになったのちに、“地震”という言葉を避けるようになります。強い回避はストレス障害のリスクです。私たちの教育・心理社会的支援の鍵コンポーネントは、安心、絆、表現、チャレンジです。安全・安心は、1.安全、2.ストレスとトラウマの心理教育、3.リラックス法などのストレスマネジメントです。表現は、4.ストレスやトラウマのセフルチェック、5.日常生活体験の表現、6.トラウマ体験の表現です。チャレンジは、6.トラウマ体験の表現、7.現実エクスポージャー、8.服喪追悼 です。絆はすべてのコンポーネントに必要です。この順番が大切です。安全でないのに表現やチャレンジを強いることは、二次被害を与えます。

« 公認心理師法について(8)参議院文教科学委員会全会一致で可決 | トップページ | 日本心理臨床学会第34回大会を終えて »

心のケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/62272145

この記事へのトラックバック一覧です: Educational and Psychosocial Support after Nepal earthquake (1):

« 公認心理師法について(8)参議院文教科学委員会全会一致で可決 | トップページ | 日本心理臨床学会第34回大会を終えて »