2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本心理臨床学会第34回大会一般公開シンポジウム等について | トップページ | 公認心理師法について(8)参議院文教科学委員会全会一致で可決 »

2015年8月27日 (木)

公認心理師法について(7)民主党部門会議日程に!

民主党の部門会議日程に、

8月27日(木)

8:15 文部科学部門会議/衆1-地下1階 第5会議室
(議題) 1.報告・協議事項
2.議員立法「公認心理師法案」について
3.文部科学省よりヒアリング
(1)初等中等教育における教育課程の基準見直しの方向性について(学習指導要領のあり方、新しい科目等)
(2)「道徳教育に係る評価」に関する議論の状況について
https://www.dpj.or.jp/article/104041

と掲載されています。

いよいよ、でしょうか?

心理職の国家資格は、チーム医療、チーム学校、ストレスチェックの産業分野、犯罪被害・虐待・DV被害の司法・福祉分野、すべての分野で必要です。

法案が成立すれば、需要と供給のバランスを考えた公認心理師の養成システムを整備する必要があります。

社会に役立つ人材養成をしなければなりません。そのためには、実習の単位認定がポイントだと思います。

« 日本心理臨床学会第34回大会一般公開シンポジウム等について | トップページ | 公認心理師法について(8)参議院文教科学委員会全会一致で可決 »

国家資格公認心理師法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165488/62163557

この記事へのトラックバック一覧です: 公認心理師法について(7)民主党部門会議日程に!:

« 日本心理臨床学会第34回大会一般公開シンポジウム等について | トップページ | 公認心理師法について(8)参議院文教科学委員会全会一致で可決 »