2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2020年9月15日 (火)

コロナ禍における子どものストレスー目黒区議会で飯島和代区議ストレス学ぶ授業提案

目黒区飯島和代議員が「コロナ禍における子どものストレス・いじめ予防について、ストレス学ぶ授業を」
目黒区議会で質問してくださいました。

区議会の質疑応答が視聴できます。

小学校低学年用・紙芝居「イライラしたときどうする?」(坂上頼子先生作成)も紹介いただき、教育長の前向きな答弁を引き出されています。ストレス学ぶ授業は保健体育で小学校5年生で1コマ、中学1年で1コマしかないのがなんとも現場が苦慮している事態です。
小学1年から高校3年まで、毎年、3コマでいいので、ストレス学ぶ授業ができる日本にしてほしいです。
こうやって、議員から提案していただくと、変わるかもしれないという希望の光がみえてきます。

 

 

2020年9月 8日 (火)

新型コロナ対応 和歌山モデルを日本モデルに

和歌山県は仁坂知事が政府の方針に反して、濃厚接触者には症状の有無にかかわらずPCR検査を積極的にやってきました。紀伊民報の記事です。
https://www.agara.co.jp/article/78898

和歌山県内で発生した新型コロナウイルス感染者で、当初無症状だった人のうち、6割が入院中に発熱やせきなどを発症していたことが、県のまとめで分かった。重篤化や死亡に至ったケースもあり、県福祉保健部の野尻孝子技監は「症状がないからといって安心してはいけない。急激に悪化する事例もあり、(陽性者全員)入院治療の上、経過を観察すべきだ」と話した。  県が8月末までに陽性が判明した230人について分析し、2日公表した。陽性判明時に無症状だった52人のうち、退院まで無症状だったのは38%の20人。残り62%の32人は入院中に症状が出たという。軽症は21人、肺炎は9人、重篤、死亡が各1人だった。  一方、政府は医療関係者の負担軽減のため、無症状と軽症者について、宿泊施設や自宅での療養を徹底させる対策を公表した。しかし、県では従来通り、陽性者全員入院の対応を継続するとしており、仁坂吉伸知事は1日の記者会見で「初めから第一義的に宿泊療養や自宅療養をやる必要はない。原則にしては絶対にいけない」と反論している。  このほか、県の分析では、県内でも年代が若いほど症状が軽い傾向であることが分かった。重症度を年代別に示したところ、20歳未満(31人)は無症状19%、軽症74%、20代(75人)は無症状12%、軽症72%、30代(19人)は無症状ゼロ、軽症63%、40代(25人)は無症状5%、軽症30%などとなっている。  死亡は80代以上(11人)が18%、70代(7人)が14%、60代(22人)が5%。野尻技監は「幸い70代以上の症例は本県では少ないが、死に至る事例もあり、高齢者は注意が必要」とした。

・・・・・・・・
そこで、全国の陽性者数と死亡者数から推計してみました。
全国8月末陽性者68088名、死者数1295名。和歌山230名中4名死亡。比例配分で計算すると、全国死者推定数1184名。実際の死者数と推定死者数は極めて近い。陽性判定時無症状者の死者推定数は296名。

このニュースは、紀伊民報はデータを記載。毎日新聞と日刊ゲンダイはデータは無記載、政府の方針に反対が強調されている。
Twitter検索では、NHK和歌山も朝日新聞、読売新聞、産経新聞はヒットしない。こんな貴重なデータをなぜメディアは取り上げないのだろうか。
関西のTV局では、連日、吉村知事が登場する。橋下さんがPCR抑制論者のためか、吉村知事は和歌山のようにPCR検査を積極的にやってこなかったのではないか。
心理学専攻の学生は「生理・心理・行動・社会モデル」の重要性を学ぶ。残念ながら、一部の大学院では、「生理」の観点が乏しい大学もあるが。吉村府知事にしても小池都知事にしても、行動モデルが全面にでていて、生理の視点が乏しい。吉村府知事はポピドンヨードでいきなり「生理」が強調され自身の専門性の認識を疑うような出来事があったが。
ともかく、和歌山モデルを日本モデルにしてほしい。

2020年8月20日 (木)

暴力(家庭内暴力や校内暴力)のカウンセリングで心がけていること(2)

例1)ある学校で
  B担任「A児が教室でC児の一言でカッとなり馬乗りになってC児を叩くことがあって、それでA君にカウンセリングをお願いしたいのですが」
  SC①<                                                    >

(1) B担任<掃除の時間で、教室から大声が聞こえたので、すぐにA君に「やめなさい」といってもやめないので、なんとか引き離して、それでも暴れようとするので、『むちゃ腹が立つことあったんや』と声をかけながら後ろから抱えながら、先月研修会で教わった動作法的かかわり※1をすると、すぐに落ち着いていったんです。それで、『叩くことはやっていいこと、いけないこと?』と尋ねると、A君「いけないこと」というので、『よくわかってるやん。すごいな。この前の<ぷんぷんしたときどうする?>※2の授業のときも、叩いたりけったりは「やってはいけない×」に手をあげてたもんな。よくわかってるやん。』『やってはいけないとわかってるけど、ぷんぷんになったら、手がでてしまうんや。どうかな、この前の授業(※2)でスクールカウンセラーの先生、ぷんぷんしたとき、まずは、落ち着いてって、息をゆっくりはくのとか、からだにぎゅっと力をいれてゆっくりぬくのとか、教えてくれたやん。そのあとは、しっかり話を聴いてもらうって、明日スクールカウンセラーの先生学校に来る予定になっているから、一度話を聴いてもらってはどうかな?』、『今日あったことは、スクールカウンセラーの先生に話しておいていいかな?』 A君「うん、いいよ」と言ってくれました。>
SC①(次の日来校すると、上記のメモが今日の相談予定表に貼り付けてあった)3時間目の業間の休み時間に<B先生、先生のかかわり、すごいですね。では、4時間目の〇〇の時間にあってみますね>とB先生に声をかけて、A君とのカウンセリングを行った。

これ小学1-2年生を念頭に仮想で書きました。
※1;動作法的かかわり;叩こうとする手(腕)を抑えつけるのではなく、決してたたかれずに、叩こうとする動きに寄り添うように誘導する。そのとき、『むちゃ腹立ったんや』と怒りの感情を認めるメッセージを送る。<怒りの感情を認めながらも暴力は鉄の壁になってとめる。暴力のエネルギーを尊重しながら、望ましい動作へと表現できるように支援する>

※2;学期に1コマ実施することになっている「心の健康(ストレス学ぶ)授業」時間に、担任主導でスクールカウンセラーが補助で実施した。

文部科学省は、スクールカウンセラーによる教員研修は推奨しており、※1の取り組みは、できる。しかし、※2の「心の健康(ストレス学ぶ)」授業は、学習指導要領では小学低学年にはない。2011年の大津の中学生がいじめを苦に自殺した事件を受けて、いじめ・自殺防止に道徳を教科化した。以前、道徳の時間に、「心の健康(ストレス学ぶ)」授業はできていたのだが、道徳の教科化により、できなくなった。

どの教員もこのようなかかわりができる日本になるためには、※2の教育改革が必要である。

2020年8月19日 (水)

暴力(家庭内暴力や校内暴力)のカウンセリングで心がけていること(1)

 例1)ある学校で
  B担任「A児が教室でC児の一言でカッとなり馬乗りになってC児を叩くことがあって、それでA君にカウンセリングをお願いしたいのですが」
  SC①<                                                    >

 例2)大学の臨床心理相談室への相談申し込み電話で
  母親B「中学1年Aが私や父親を叩いたりけったりするんです。相談室にAを連れていきたいのですが」
  相談員②<                                                 >

SCや相談員はなんと応答するといいでしょうか?
コメントへの書き込み歓迎です。
ポツポツ書いていこうと思います。

2020年8月17日 (月)

沖縄での新型コロナウイルス感染症者及び関係者への心理支援の実際

沖縄は東日本大震災の被災地支援でも、熊本地震後の支援でも、チームワークよく、よい活動を展開してきました。

いま、沖縄は人口あたりの感染者数がワーストと毎日報道されています。

しかし、第1波のときに、沖縄の心理専門職家(臨床心理士・公認心理師は、準備してきました。

沖縄県公認心理師協会のHpには、私たちが発信してきた子どものストレスチェック、働く人セルフケア研究会発信の医療従事者のためのストレスチェック(医療機関によるフォローアップ型)が掲載されています。要点がとてもわかりやすく記載されています。

どうぞごらんください。

2020年8月10日 (月)

ストレス学ぶ授業ーつらいことがあったときどうする(中高生対象)

2月27日総理の全国一斉休校から3か月間の休校。6月から再登校。一旦収束したかにみえた新型コロナウイルスは、若者を中心に感染者が増えています。中高生の自傷に関する相談の増加、ネットゲームに没頭して生活リズムがくずれて眠れない生徒の増加、オンライン教育が未整備な状況で学校関係者の陽性者の増加。


ここに掲載する「ストレス学ぶ授業案ーつらいことがあったときどうする?」は、試験・試合の失敗や人間関係でうまくいかなかったときどうするかを考える授業案です。自傷や希死念慮を抱え、スクールカウンセラーの面談や医療機関への受診に拒否的な生徒がいるとき、担任教師とスクールカウンセラーが協働でクラス全員の生徒にストレス学ぶ授業を行うことで、スクールカウンセラーへの相談につながりやすくなる可能性があります。指導案はパワポで構成し、スクールカウンセラーは事前に、学校と相談しながら、修正加筆を加えていきます。


これは、日本では保健の時間に該当する授業案ですが、ストレス学ぶ授業時数は中学3年間で1時間しかありません(小学生は小5に1時間のみ)。それで、本来、いじめ・自殺防止のために教科となった道徳の時間に、あてています。

内容項目は、「より高い目標を立て,希望と勇気をもち,困難があってもくじけずに努力して物事をやり抜くこと(希望と勇気,克己と強い意志)」です。道徳的価値ー克己心(自分に打ち勝つ力を学ぶために、強いストレスに遭遇したときにどうしたらいいかを考えます。本来なら、心の教育35=道徳25+心の健康10のようにきちんと心の健康に位置づけてやるべきです。緊急の教育改革が必要です。
ストレスチェックの「心のつぶやき」チェックリストはデータの蓄積がまだありません。日本の子どもたちが小1から高3まで、毎年数時間でもストレスを学ぶ時間が確保されることを願っています。

ダウンロード - traumaticstressmanagement20lesson20for20juniorhighschool20.pptx

ダウンロード - sodan3trauma7coping10.pdf

ダウンロード - twitter12cognition.pdf

 


 

2020年7月14日 (火)

心とからだのチェックリスト&アドバイスシートー兵庫県教育委員会小中高160校へ

兵庫県教育委員会は7月、9月、1月と兵庫県下市町各1-2校に、心とからだのチェックリストを実施することにしました。

神戸新聞が発信してくれました。

小中高生の休校ストレスは… 新型コロナ 兵庫県教委がアンケ調査実施へ

この「心とからだのチェックリスト」は Covid19子どものサポートチームAが発信してきたものに、ゲーム・ネットの1日の利用時間(兵庫県立大学竹内和雄先生の考案)と運動の2項目を追加したものです。

このチェックリストの児童生徒一人一人へのアドバイスシートも添付します。

ダウンロード - stresscheck18.xlsx

ダウンロード - stresscheck18advicesheet.xlsm

2020年6月27日 (土)

ストレスチェックアドバイスシート作成&子どものサポートWEB勉強会について

ストレスチェックアドバイスシート作成&子どものサポートWEB勉強会を7月4日(土)午前11時~12時
開催いたします。
参加希望の方は、名前、所属、職種(スクールカウンセラー、養護教諭、教育相談担当など)を記載の上、
tominagayoshikiあっとまーくgmail.com(あっとまーく=@)まで申し込みください。

1.ストレスチェックアドバイスシートはコロナ知識3項目ストレス反応5項目日常生活行動8項目を使って作成したファイルの解説

2.エクセルのVLOOKUP関数によるコメント出力の仕方

です。私自身、マクロには十分な知識がないので、研修会ではなく勉強会とし、無料です。

ですから、詳しい人の参加も歓迎です。

なお、50名ほどを考えていますので、もし、定員に達したらこのブログでお伝えしますので、それ以降の申し込みの方へのZOOMのID・パスワードの返信はできないかもしれません。

アドバイスシートの活用の目的は、ストレスチェックからの児童生徒の見立て、担任やスクールカウンセラーとのコミュニケーションのきっかけにすることです。なお、録画してYoutube配信するかもしれませんので、ご了承ください。

 

2020年6月15日 (月)

中学生1159名の半数強が「眠れていない」と訴えています

2020年6月はじめに、心とからだのチェックリストを実施した中学校4校(1159名)の統計分析によれば、

54.2%の生徒が「なかなか、眠れないことがある」ない・少しある・かなりある・非常にある の「ある」に回答しています。

17.3%の生徒が「かなりある・非常にある」のどちらかにチェックをつけています。

いずれも、双方向性オンライン教育が3か月休校期間中実施できてない学校です。

「眠れない」と他のストレス(イライラ・怖い・自責・体調)と日常生活行動(手洗い・せきエチケット・朝食・寝起時間・勉強時間・リラックス法・ゲームルール・相談希求)の関連を検討した分析結果では、イライラ・怖い・自責・体調・朝食・寝起時間・ゲームルールと有意な関連がみいだされました。

「3か月休校」は異常事態の正常な反応ではありますが、学校再開も、なるべくおしゃべりしない、1-2m距離をとる、手洗い・せきエチケット以外の「あたらしい生活様式」では、非日常は継続されます。

チェックリストの感想からは、眠れないと訴える生徒、5教科をしっかりやりたいという生徒の声などさまざまです。

そこで、道徳の時間、総合的学習の時間を活用した 「教科横断型心の健康カリキュラム(6時間~12時間)」が必要ではないでしょうか?

そして、担任との3-5分の全員面談、訴えの強い生徒との養護教諭やスクールカウンセラーとの個別面談が必要ではないでしょうか。

日本の学習指導要領では、小学校では小学5年の保健に「心の健康」が3時間、中学校では中学1年生の保健に「ストレス」が1時間正規に設けられていますが、授業時間数があまりに少ないです。

道徳の「節度節制」「個性の伸長」「克己と強い意志」の内容項目は合致します。ただ、読み物教材による道徳学の方法論ではなく、心理学・医学の方法論です。本来なら、「心の健康」と「道徳」は分けるべきですし、でないと児童生徒は混乱します。総合的学習には「健康」が一つの柱として設定できるようですので、その2つを活用するのはどうでしょうか。

教科横断型心の健康カリキュラム

1.眠れないときどうする?

2.自分のストレスを知り対処を学ぼう

3.心のつぶやきをキャッチしよう

4.トラウマってなに?

5.試験・試合を乗り越えるメンタルトレーニング

6.いじめをしない・させない

7.新型コロナウイルスを知って対処を学ぼう

このうち、1の指導案をパワポで作成してみました。

ワークシートと付箋を配布して、自学自習しながら、廊下で担任と生徒との個別面談をすすめるということも可能かもしれません。

 

ダウンロード - howtocopewhenyoucannotsleep.xlsx

ダウンロード - howtocopewhenyoucannotsleep.pdf

 

パワーポイントが重いので、pdfで掲載していますが、必要な方は、メールでアクセスください。

 

2020年6月10日 (水)

心とからだのチェックリスト(ストレスチェック)のアドバイスシート

ダウンロード - samplestresscheckadvicesheet.xlsm

心とからだのチェックリスト(コロナ知識3項目、ストレス反応5項目、日常生活行動8項目)の一人一人の児童生徒のチェックリストの結果の数値をエクセルファイルに
入力すると、アドバイスシートに、コメントが出力されるように設計しました。

データシート D202006
コメントシート
個票生徒シート

一人一人のアドバイスシートです。印刷したいときは、印刷したい範囲を指定して、プリントアウトしてください。
左上、印刷範囲 自 至 に数字をいれると この例では 1番目から20番目までは連続印刷されます。
印刷したいときは、印刷したい範囲を指定(A列6行目からAL列・55行目)して、「選択した部分を印刷」でプリントアウトしてください

データシートのデータは仮想データです。
個人番号1 ストレス得点1で、手洗いせきエチケットもちゃんとやっているよって、表現しています。、
個人番号2 ストレス得点0ですが、コロナの知識得点は低く、ゲームのルールや勉強を時間をきめてやってないということを表現しています。
個人番号3 ストレス得点7で、ストレス5項目中少しが3項目、かなりが2項目ですね。勉強、ゲーム、助けを求めるは「どちらでもない」にチェックしてますね。
個人番号4 ストレス得点0、日常生活行動8項目すべて5点ですね。ストレスをとてもうまくコントロールしているか、望ましいと思われる数字に○をしていて、自分のことを人に知られたくないのかもしれません。
個人番号5 ストレス得点3点、眠れない「かなり」にチェックしていますので、眠りのことについて話を聴いてあげるといいでしょう。
個人番号6 ストレス得点14で高得点ですね。手洗いはしっかりやってますよね。個別面談では、「手洗いしっかりやってるんだね」「でも、ねむれなかったり、イライラしたりって、心配だな」と「どれくない眠れないのかな」と、ゆっくり時間をかけたい生徒さんですね。
個人番号8 欠席していて、ストレスチェックをやってないのかもしれません。個別にサポートが必要な生徒さんですね。

入力範囲は700件まで読み込むように指定しています。もっと生徒さんが多数の場合はエクセルの「数式」をクリックして、再指定してください。

活用方法;プリントアウトしたものを生徒に見て読んでもらうのはいいですが、生徒同士で、「おまえのストレスチェックみせろよ」とこの結果を大切に取り扱わないことが危惧されるときは、回収して、学校生活が落ち着いたときに再び同じストレスチェックを行い、その結果と比べてみるのもいいかもしれません。

生徒理解のために、スクールカウンセラーと心配な生徒をめぐってカンファレンスするときの資料として活用するのもいいかもしれません。

コメントが、もっとこんなコメントの方がいいと思われた方は、お知らせください。

名前を打ち込んだエクセルファイルは学校外にでることがないように個人情報の取り扱いに留意してください。

このアドバイスシートの使用許可については、問い合わせいただくなくてもかまいません。
できれば、使ってみての感想をいただければありがたいです。

「心とからだのチェックリスト」は児童生徒ひとりひとりの表現ですから、先生・スクールカウンセラーとのコミュニケーションのきっかけとして活用ください。

«心とからだのチェックリスト(ストレスチェック)は担任・SCと児童生徒のコミュニケーションツール