2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年3月30日 (木)

那須雪崩と心のケア(2)心のサポートチームの結成を!

NHKニュースによると、高校で全校集会が開かれ
また、スクールカウンセラーの男性が
▽事故のことを考えすぎないようにすることや
▽ストレスや不安を感じたらすぐに担任の教員に相談することなどを
呼びかけたということです。
(NHK2017・2・29 12:03)
 
と報道されています。記者さんが直接集会に立ち会ったのではなく、参加した生徒さんらからの取材での記事ですから、このメッセージが実際どうであったかはわかりません。
もし、私がこの立場であったら、なんとメッセージを送るか考えてみました。
 
□ねむれない、ずっと考えてしまう、心が(マヒして)何も感じられない、など心とからだにさまざまな変化があらわれます。それは、この出来事を心とからだが懸命に受けとめようとしている証であり、だれにでも起こる反応です。
 
□この出来事に向き合うときと、日常の生活(勉強・部活など)を送ることを、きりわけていきます。
 
向き合うこととして、
・突然、亡くなった友に、今まで出会って感じてきたこと思ったことのメッセージを手向けるのもいいでしょう。(ことばにするには、時が必要な人もいるかもしれません)。
 
わが子を亡くしたお父様が、お子さんの携帯のLINEにたくさんの書き込みがされているのをみて、「あーこんなにたくさんの友だちがいたんだ・・・」と涙ぐんでおられたのが放映されていました。ご家族が知らなかった子どもさんのこと、たくさん伝えてあげてください。
 
日常生活をしっかり送るために、
・水分をとる、糖分をとる、食欲がなくても、からだに栄養を送ってあげてください。ねむれなくても、よこになってからだを休めてあげてください。少しずつ、日常生活を取り戻していきます。
 
ストレス障害のリスク要因は、強い回避と自責感です。
「考えないようにしよう」と努力しても、考えてしまう出来事なのです。もし、夜眠ろうとしたとき、いろんなことが頭に浮かんで考えてしまうことがあれば、「『考えないようにしよう』ではなく、『そのことはとても大切なこと、しっかり考えよう。でも、今は、からだを休めて眠りにつこう』、額に力をいれてふわーっとぬこう」と。
 
また、ある報道では、4時間後に救出された生徒さんもおられたようです。まずは体の治療でしょうが、これは過酷なトラウマ体験です。マヒして思い出せないかもしれません。そして、悪夢やなにかのきっかけ(トリガー)で、その体験がありありと思いだされて苦しくなることがあります。でも、そのときは、やっと、あの記憶を受けとめる心の準備ができてきたんだ、それは回復の道のりなのだ、と思うのもいいでしょう。経験したことを思いだして、いずれ、書き綴ることは、雪崩に巻き込まれたときどうすればいいかを学ぶ大切な手がかりになるでしょう。しかし、それは、とても苦しく長い道のりかもしれません。立ち会う人の応援が必要になります。
 
大切なお子さまを亡くされたご家族、そして、友だち・教職員、全ての方に、強い悲嘆反応とトラウマ反応がみられるでしょう。
 
 
県教委は、原因究明と再発防止のための第三者検証委員会を設置すると報道されています。
 
県教育委員会は29日、原因究明と再発防止のための第三者検証委員会を設置することを明らかにした。学識経験者ら約15人で構成し、4月上旬にも第1回会合を開く。(日本経済新聞、2017年3月30日0:30)
 
ラッセル訓練を指揮した教師の会見が報道されています。
 
登山を中止しながら、雪をかき分けて進む「ラッセル」訓練を実施した責任を問われると「委員長は私」としつつ、ベテラン教諭2人と電話で相談して決めたことを強調。数年前にも同じ場所でラッセル訓練をしたことがあったといい「とにかく生徒たちに雪に触れさせたかった」と話した。(産経ニュース、2017年3月30日 0:13発)
 
 当事者が、時系列で、行動・考えをあきらかにすること、その作業はつらく苦しいでしょう。二度とこのような悲しいことが起きないようにするための大切な情報になります。ですから、第三者検証委員会の設置は必要でしょう。
 
 そして、もう一つ必要なことがあります。それは、<心のサポートチーム(心のケアチーム)>の設置です。教育関係者(臨床心理士資格などをもった指導主事)、スクールカウンセラー、精神科医などでチームを作る必要があります。学校で生徒や保護者にどのようなメッセージを送り、どのように心のケアをしていくのか、チームをつくり、今考えられるベストのサポートプログラムを作り、支援していきます。
 
スクールカウンセラー派遣がニュースで流れています。
 
4校にスクールカウンセラー派遣(毎日新聞
スクールカウンセラーが応援・支援するにしても、必ず、チームを結成しておく必要があります。それも、長期的に支援するチームです。

2017年3月28日 (火)

那須雪崩と心のケア

7名の高校生と1名の教員が亡くなり、40名がけがをしていると報道されています。今後、当事者・関係者のストレス関連障害が危惧されます。

この時期には、心のケアの専門家による個別のカウンセリングではなく、家族や身近な人によるサポートこそ必要です。しかし、治療を受けている医療機関では、体の医療支援とともに、心のケア支援も必要でしょう。この時期に大切なことは、長期支援を視野にいれた心のケアの支援体制を整えることです。

 しばらくは睡眠・食欲・体調といった日常の健康観察をベースにサポートしてほしいです。そしてトラウマ・ストレスについて学ぶ機会を3週間(この時期の特定は現場での支援を続けている専門家とも協議して)後には設けてほしいです。ストレス障害のリスク要因は強い回避と自責感です。時が経つにつれ、そのことにはふれたくない、思いだしたくないといった反応が強くなることがあります。それが回避ですが、この回避は当事者だけでなく、関係者にも起こります。ですから、このことに関連すること全てを避けたくなり、心のケアの企画もやりたくないといった動きが起こることがあります。

しかし、思いだしてつらくなった(再体験)ときどうしたらいいか、怖い夢をみた(再体験)ときどうしたらいいか、それらを学んでおくことが必要です。再体験とマヒが対の反応で、再体験が起こるきっかけ(トリガー)にふれないように避けるのが回避です。回避は反応であるとともに対処です。急性期の回避は必要ですが、少しずつ向き合う対処をとりいれていく方が、ストレス障害のリスクを減じます。そして、亡くなった人を心のなかに生かしていく喪の作業をすすめていくことが必要です。

今必要なことは、教育関係者・臨床心理士・医師らで、長期サポートチームを作ることです。そのチームが長期的な支援計画を立て、サポートしていきます。また、地元の医療機関に、トラウマフォーカスト認知行動療法などが実践できるストレス関連障害の治療の専門家を配置することも必要です。

一方で、安全教育の一環として行われていた中で起きた事故(ご遺族は事故ではなく事件といわれるかもしれません)です。雪崩といった自然現象をどのように学んでいたのか、教師の提案に生徒が意見をいえる体制ができていたのか、この悲しい出来事を二度と繰り返さない体制づくりを構築する必要があります。

2017年3月10日 (金)

公認心理師について(24)医療委員による研修プログラム

公認心理師カリキュラム試案が第7回ワーキング会議資料として掲載されています。
そのなかで、中嶋委員による学部卒+実務経験コースの研修プログラム案が提示されています。それをみると、公認心理師資格取得後の医療機関での勤務スケジュールのように思えてなりません。
 例示の1週間のスケジュールをみると、リエゾン(身体疾患のある人への心理支援活動)ミーティング、個別相談、ものわすれ外来、緩和ケアと一日のスケジュールがびっしり書かれています。
 
①それらの活動についてのSVの時間が記載されていません。夕方以降、指導者によるSVがあるのでしょうか。
 
②大学院9科目に対応する履修はいつするのでしょうか?やはり担当の指導者がするのでしょうか?大学院担当教員には業績審査があります。それに対応する指導者の業績審査はあるのでしょうか?
 
③教育分野の学外実習はだれが手配するのでしょうか?学外実習の指導はやはり指導者がするのでしょうか?
 
④指導者には手当がでるのでしょうか?手当がでなければとてもではないですが、それを引き受ける人はいるでしょうか?病院管理者の命令であれば引き受けざる得ないのでしょうか?その手当は税金から支出されるのでしょうか?
 
⑤本学大学院では、1学期に修士1年は学部生にcl役を協力してもらい試行カウンセリングを経験してもらい逐語を起こしSVを受けます。それにパスすれば、相談室でのケースを担当できます。それはclを守る手順でもあります。相談料はとりますが大学におさめられ、学生は授業料を支払います。clには、相談を受理するときに、そういったインフォームドコンセントをします。有給の実務経験者(心理士との名称?)は個別相談等で患者さんにどのようなインフォームドコンセントをするのでしょうか?
 
こういった疑問がわいてきます。それなら、香川大学のように、医学部に学部・大学院を設置すれば、いいのではないでしょうか。

2017年2月22日 (水)

公認心理師について(23)実務経験2-3年、この怒りをどう表現するか?

公認心理師カリキュラム試案が提出されました。
驚きは、
実務経験
 
3. 期間について
・実務経験プログラムを持つ施設において2~3年の実務経験
どこから、2年~がでてきたのか。
WGの議事録をみても、どこにもこの発言はなかったのに、「2年~」
 
いや、医療関係の委員は「2年」を主張していました。しかし、議論のなかで、座長が「3年」を提案して、それに対して、激しい異議がでなかったのでは?直に、WG委員会に立ち会ったひと補足願います。
 
「これ、公の会議以外で、大きな力が動いているしか、考えられない。
これを許していると、公認心理師資格の未来は危ういですよ。
公認心理師養成の7条の1より2で受験するものが増えていき、大学院教育は崩壊するかも。〇法試験の二の舞になる。・・・」と心の中で激しくつぶやく。
 

2017年2月16日 (木)

自殺予防のために必要なのは、道徳教育ではなく、健康教育です。

の記事を読んで、「誕生学」なるプログラムの危うさが、少し理解できた。
 
松本先生のこの記事のなかでの「自殺予防のために必要なのは、道徳教育ではなく、健康教育です。」という一文に、日本の現状を憂う。
 
というのは、健康教育の時間が学校教育ではほとんど確保されていないからです。「保健体育」の保健に、健康教育が位置づけられていますが、「心の健康」に関して言えば、小学校5・6年の保健体育の教科書に3時間分がおさめられているのみです。
 
道徳が特別の教科になって、体験的な学習や問題解決型学習を取り入れるようになったものの、やはり「道徳教育」という枠のなかでのこと。
 
今度の学習指導要領の改訂には、「健康教育」の拡大はみえてこない。
 
道徳の時間、35コマのうち、15コマを心の健康教育の時間にするといった改革を次の学習指導要領の改訂で実現してほしい。
そのためには、松本先生のような有識者を教育改革の会議のメンバーにして、大改革をおこなわなければ、いじめ・自殺を抑止することはできないのではないか。
中国では、2003年に、道徳とは別に、心理健康教育が科目として打ち立てられている。
中国にできて日本にできないことはない。

2017年2月 5日 (日)

災害・紛争後の子どもの心のケア(13)台風10号から5ヶ月スクールカウンセラーと教師の協働

岩手めんこいテレビが、東日本大震災、台風10号の被災小学校での教師とスクールカウンセラーの連携について取材したものがFNNニュースに掲載されています。
http://www.fnn-news.com/localtime/iwate/detail.html?id=FNNL00046318
掲載の期間は限定でしょうから、はやめにアクセスして、ご覧ください。
やはり地元のメディアは、息長く取材を続けていますね。

2017年1月29日 (日)

熊本地震と心のケア(44)21の団体による親子教室

2017年1月28日(土)の午前中に、益城町の小学校にて、「親子あったか体験教室」が開催されました。全国から22のボランティアが、小学校にかけつけました。「段ボールジオラマ防災教室」「フラワーアレンジメント教室」「食品サンプル製作体験教室」・・・・「ミュージカル俳優さんと楽しくダンス」「おもしろ理科実験講座」「世界が拡がる国際理解講座」などなど。
私は「試合で実力を発揮するためのイメージトレーニング講座」を担当しました。いっぱい楽しい企画があるので、メンタルトレーニングには参加希望者はいないかな、と思いましたが、親子、姉妹での参加がありました。
 
ワークシートを活用して、大リーガーで活躍した選手の呼吸法、オリンピック選手のストレス対処を紹介、そしてイメージトレーニング。親子や姉妹での参加だったので、最後は、絆のワーク。
ブログに掲載していいよという感想を掲載します。
 

【子どもの感想】

・息をゆっくりはいてすうという感じでやると心と体が温まりました。前にも、授業でやって、授業の復習をしたので、ふり返りみたいで楽しかったです。

・きょうはありがとうございます。

・来年の大会に生かしたいと思います。

・ねむりにつくやつがおもしろくて家でもやってみようとおもう。

・試合前とかはすごくきんちょうしていたけど、次の試合でリラックスして試合ができると思いました。

・これから様々な試験やコンクールや発表でもやってみようと思いました。

・きもちよかったです。

・試合とかに使っていきたいです。かたに手をあてたりするのが気持ちよかったです。今日はありがとうございました。

・大切な日の前は考えすぎて眠れなかったりしたので今日教えてもらったイメージトレーニングを寝る前と起きる前にやってみたいと思います。

 

【おとなの感想】

・イメージする大切さを知りました。ついつい悪くことを考えがちですが、常に良いイメージを喪ち、緊張しやすい性格なので、呼吸法でリラックスし、何事も思い通り、うまくいくようになれらたいいなーと思います。ありがとうございました。

・リラックスの方法が役に立った。子供の視線と親の視線でわかりやすかったと思います。

・約20年ぶりに仕事を始めて家事をうまくこなせていないのが先生に教えていただいたイメトレで、できるような気がしてきました。がんばってみます!また、小6・高1の子どもについつい「~しなさい」と言い続けてしまっているので、言い方を変えようと思いました。そして、マッサージをしてあげようと思います。ありがとうございました。

 

「imagetrainingws.pdf」をダウンロード 使ったワークシートです。

益城町の倒壊した家屋のあと、ほとんどが更地になっていましたが、まだ倒壊したままの家屋も少しありました。

これから報道が増えていくでしょう。アニバーサリー反応の意味と対処について、多くの人が知ることが大切だと、被災地の学校を訪問して思いました。

 

2017年1月16日 (月)

公認心理師について(22)教育新聞-SCとしての配置も検討

「教育新聞」は「SCとしての配置も検討」という見出しで、公認心理師カリキュラム検討委員会ワーキングの会議のもようを紹介しました。
今検討されているカリキュラム案をみると、5領域+災害支援を打ち出しているものの、医療にあつく、教育での検討がもう一つのようにみうけられます。ですから、教育新聞が大きく公認心理師カリキュラムについて取り上げることは、大変社会的な意味があると思います。
 
到達目標を例にとると
1.たたき台に記載されている応用心理学の「教育心理学」の到達目標について、

17. 教育に関する心理学
17-1. 教育現場において生じる問題とその背景について説明できる。
17-2. 教育現場において生じる問題に対して必要な心理に関する支援とその方法について説明できる。
であり、
これには、公認心理師法第2条の4つの業に対応した目標と災害時の心理支援がはいるべきです。

17-1 教育現場において生じる問題のアセスメントと分析の方法を説明できる。 
17-2 教育現場において生じる問題に対して児童生徒・保護者へのカウンセリングによる相談・助言などの支援のあり方を説明できる。
17-3 教育現場において生じる問題に対して教職員とのコラボレーションやコンサルテーション、福祉・医療を含めたチーム支援のあり方を説明できる。 
17-4 教育現場において生じる問題を未然に予防するため、心の健康に関する活動のあり方を説明できる。
17-5  教育現場において災害時に必要な心理に関する支援
 
災害時に必要な心理に関する支援は、「健康・医療に関する心理学」の15-4にのみにしかはいっていません。全ての領域で必要なはずです。
 
こういった修正・加筆がこれからの課題でしょう。
 
それと、学部の心理実習は80時間以上になったようですね。
学部での実習は、
1児童養護施設での学習支援・生活支援をとおした心理支援を体験的に学ぶ、
2幼小中学校での心の健康に関する活動をとおした心理支援を体験的に学ぶ
2は、心の健康授業(ストレスマネジメント、ソーシャルスキル、構成的グループエンカウンターなど)の補助の体験を意味します。
そういった内容を考えないといけないと思います。
今の私学は、学部の定員がとても多いので、心理学コースのなかに、社会心理学コース(心理学を専門にしない企業・自治体などへの就職)、公認心理師養成コース、などを再構成する必要があるように思います。
 

2016年12月30日 (金)

公認心理師法について(21)第2回WG議事録から、「学内実習」について

20161116日、第2回公認心理師カリキュラム等検討会ワーキングチームの議事録が公開されています。各団体からのカリキュラム等のプレゼンが行われた会議の討議内容はわが国のこれからの心理専門職養成の歴史的なページとして後世に語り継いでいきたいですね。各団体のプレゼンティターの方々のご尽力に感謝いたします。私は某学会のカリキュラム委員長を2年でしたが務めましたので、この議論に大変注目しております。「知識と技能」「実習・演習」といった議論が展開されています。

  わが国の医学教育の第一人者の北村先生が座長を務められていることが、なにより本質的な議論を展開できている最大の要因だと議事録を読みながら思います。

そこで、今回は、北村先生のご発言を受けて、私の大学・大学院で行われている臨床心理実習を少し紹介させていただきたいと思いました。

 

〇北村座長

次に、内容と施設を一緒に考えますが、学内施設というのはそんなに有用でしょうか。

というのは、私自身が知らなくて、この前勉強したのですね。大学院 1 種はみんな持っていると聞いたのですが、もちろんどの電車に乗っても広告にも書いていませんし、誰かが言ったという話も余り聞いていなくて、そんなにクライアントが来て 1 学年 30 人や 50 人いらっしゃる人が、十分経験できる量があるのかなと。

 

〇北村座長

もう 1 つは、患者のバイアスなのです。多くの人が、仕事は医療分野にいらっしゃっていて、大学院の中では学内でやっていると、学内の人は普通の人ですよね。その人が国家資格を取ったら、次の日に急に精神病院へ行ったと。そうすると、生まれて初めて精神科の患者のカウンセリングになってしまったというのもまずい。あるいは、子供に会ったことがない、定員のまま公認心理師の国家資格が受けられるでは、まずいかなと。

 

私の大学院の心理臨床実習施設は、大都市と小都市にそれぞれ1つずつ設置されています。それは夜間大学院を開設したために大都市の某新聞社のビルの3階をほぼ貸し切り講義室・演習室・図書室を整備しています。そして、臨床心理相談室には、大プレイルーム、観察室、小プレイルーム、面接室2室、箱庭ができる面接室1室、カンファレンスルームを整備しています。本学の教員の専門性は、発達障害、トラウマ、認知行動療法、行動分析、家族療法、精神分析的療法、動作療法、EMDRと多岐にわたっています。もちろん、精神科医で臨床心理士の教員もいます。

相談ケースは、精神科クリニックからの紹介が多く、うつ、PTSDなど医療機関と連携をとりながらすすめているケースが大変多いです。精神科クリニックから、「カウンセリングをお願いしたい」、「認知行動療法をお願いしたい」と、依頼がきます。また、発達臨床が専門の教員が多いため、発達に関する相談依頼も大変多く、教員がスーパーバイズしながら大学院生が担当するため、すぐにウエイティングをお願いしないといけない状況になります。

「学内(施設)の人は普通の人」とはどのような方をイメージされているかわかりませんが、うつで休職中、被害にあってPTSDで苦しんでいる、そういう方を大学院生と教員スタッフで担当しています。医療機関には臨床心理士がいないので、本学の相談室に依頼があるわけです。150分~60分で、2000円+消費税ですから、11万円が相場のカウンセリングに比べるとはるかに安価になります。また、不登校の相談も多く、また、大人の発達障害の方からの相談も多いです。もちろん、電車に広告は載せていません。ホームページがあるぐらいです。それでも、すぐにウエイティングをかけないといけない状況です。

各面接セッション後は担当者は逐語記録を作成し、毎回スーパーバイズを受けます。また、毎回のスーパーバイズとは別に、M2では、一人で4回以上担当したケースをまとめ、3名の教員のスーパーバイズのもと本コースの大学院生参加の事例検討会があります。その発表を最低2回しなければ、臨床心理実習の単位の認定はされません。

 私の経験では、ケースを担当することで、大学院生は確実に力をつけていきます。もちろん、医療機関での実習、学校や養護施設などでの実習も必須にしなければならないと思います。

2016年12月24日 (土)

公認心理師法について(20)12月22日ワーキング傍聴者からの貴重な情報

 2016年12月22日に開催された「第4回公認心理師カリキュラム等検討会ワーキングチーム」を傍聴されたお二人から、貴重な情報が提供されています。
お二人のツイッターへの書き込みに心より感謝申し上げます。
 
7条の2の実務経験が3年にそしてプログラム認証機構により認められた機関に限定されることが、決まったようです。
法科大学院の予備試験の「二の舞」にならない制度設計になるといいですね。
 また、国家試験の250問の構成の半数が事例問題であれば、大学院での実習での学びが試験問題に反映されるわけですから、よかったです。臨床心理士の筆記試験は近年事例問題が増えていますから、事例問題の作成にノウハウはあるでしょう。国家試験は全問公開ですから、問題作成の質も問われることになりますね。
 
北村座長の公認心理師を国民のための資格にしようとする意気込みとバランス感覚に心より敬意を表します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島哲夫 12月22日
公認心理師WT第4回終了! 2号ルート(学部+実務)の実務を5年とするか2年とするかで議論された結果、北村座長から3年案が出された。 学部卒をメインルートにしてはいけない。そして無給のインターンを数年やればいいとか、大学院が受験予備校となる事も避けたいとの事。
そして実務経験現場にはしっかりしたプログラムを提出させて認定する形にしたいとの事。 それが本当にきちんとされればいいけれど。。

公認心理師試験はマークシート250問程度を1日で実施と。 北村座長は「事例問題を半分は必須に」と。丹野先生「医学と違い心理は唯一の正解を導くような問題を沢山作るのは難しい」と。北村座長「それでも、こういう事例にはまずはどの検査をすべきかなど問えるはず」と。 うーん、なかなか難問。
 
山田太郎 12月22日
公認心理師カリュキラム速報! 学部卒は3年の実務経験が必要。現場でただ実務をするのではなく、プログラム認証機関を作り、そこが認めた機関だけを実務機関として認める、と。今回の会議のメインはこれ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大学院の実践科目が6単位(90時間)とわずかですから、臨床心理士、臨床発達心理士、学校心理士、特別支援コーディネーターと、大学院でプラスアルファの特色をだせることになりました。
いち早く臨床心理士養成の募集を停止した大学は今後この特色ある大学院をどうやって打ち出すのでしょうか。
 
それと、日本臨床心理士資格認定協会は、この大学院履修で 国家資格・公認心理師と共存共栄とうちどめとしないで、さらに上位資格を独自で提案してほしいと思います。それは、修了後研修の充実とそれにともなう「専門臨床心理士」(心理療法ができるという資格)や「スクールカウンセラースーパーバイザー」資格を制度設計してほしいと思います。学校心理士はスーパーバイザー資格をだしており、熊本地震後の子どもの心のケアでは、学校心理士スーパーバイザーが現に活躍しています。
 

«公認心理師法について(19)7条の2は誰のための条文なのか