コンタクト

  • アドレス(URL):
  • PGP公開鍵

自己紹介文

1995年1月阪神淡路大震災後,避難所や仮設住宅で「リラックス動作法」を被災された方へ。「心のケア」相談に自発的に訪れる人は少なくても、「リラックス動作法」には毎回多くの人が訪れてくれました。眠れるようになった、からだが楽になった、と報告してくれたのちに、地の底に落ちていく夢を見ます、・・弟を亡くして・・・とつらい体験を語られる方が多くいました。    「安心・絆→表現・チャレンジ」の段階モデルのベースとなる体験でした。
 その後、インド洋大津波、四川大地震、東日本大震災と、心のサポートと防災を一体的にすすめる必要を痛感するようになりました。

興味のあること